格安SIM MVNO

Rakuetn UN-LIMIT Ⅵ

楽天モバイルはすべての人にお奨めではない。時にはMVNOがお奨め

20GB以上の大容量を利用する場合は、楽天モバイルをお奨めします。しかし、20GBまでデーター量の利用で真ん中前半あたりのデーター量の使用においては、楽天モバイルよりも格安SIMであるIIJmio のギガプランがお奨めです。 その辺りの詳細を説明しています。
格安SIM MVNO

楽天モバイルの新サービス「10分通話かけ放題」を申し込んた経緯と感想

Rakuten Link を使って無料通話を行っていますが。何分音声通話の品質は良いとは言えない状況であります。 また、音声通話発信においてもデーター通信がOFFになっているようだと、相手側に「非通知」で電話を掛けるようになります。 データー通信OFFへの対応などを行ってきましたが、楽天モバイルから提供された新サービス「10分かけ放題&SMS送信無料」を利用してみて、品質の改善や相手側への非通知着信の対応のなどから解放された感想等を綴っています。
格安SIM MVNO

月間5GBまでの利用ならHISモバイルがお奨め、590円/~1GB

HISモバイルから新しく発表された「ステッププラン」の紹介です。1GBまでの料金が590円と非常にお安くなっています。しかしわずか180円の差の1GBまで770円という料金でOCNモバイルoneも提供をしています。 わずか180円の差ですが、HISモバイルのステッププランと、OCNモバイルoneを比較してみました。 状況によっては、OCNモバイルoneのほうが優位になることもありますが、1GB~5GBまでのデーター量の利用であれば、HISモバイルのステッププランのほうがやはりお得です。その詳細は、本内容でお届けします。
格安SIM MVNO

LIBMOの新プラン「なっとくプラン」の30GBプランをお薦めする理由

TOKAIコミュニケーションズが運営しているdocomo回線のLIBMOから「なっとくプラン」が提供されます。その中で20GBと30GBの音声通話プランは、非常に料金が安くなっています。データープランでは30GBプランは通常かもしれませんが、音声通話プランで30GBで税込2,718円は非常に安です。そんなLIBMOのなっとくプランを紹介しています。
格安SIM MVNO

IIJmioが「ギガプラン」発表!その内容と知っておきたい注意点を紹介e-SIMも

2021年5月から実際に運用されるIIJmioの新プラン「ギガプラン」のを紹介しています。キャリアがコゾッテ発表してプランよりも安く、お得な内容になっています。e-SIMにおいても定額料金プランに対応しているため、安心して利用できます。その中で使い方を考えてみました。 利用するのであれば、知っておいた方が良い情報もまとめています。
サブブランド

Y!mobileも新料金プラン開始 料金プランとサービス、割引を解説 

Y!mobileの新プラン「シンプルプラン」は、以前の「スマホベーシックプラン」よりもギガが増量され、料金も値下げされたプランです。 どれほどのギガ増量、値下げ状況におて「スマホベーシックプラン」と比較しています。また、付帯するサービスや、割引においても解説しています。
格安SIM MVNO

HISモバイルの新プラン ahamoやpovoよりお得な理由3つを紹介

2021年2月10日15:00より展開されるHISモバイルの新プランの紹介です。ahamo、povoよりも20GBまでの料金は1,050円安くなります。また追加のデーター量の購入もキャリアよりも半額です。通話においても無料通話がセットされているお得なプランです、
サブブランド

UQモバイル新プラン紹介・くりこしプランとpovoあなたが選ぶのはどちら

auから提供された「povo,」と、同じKDDIグループのUQモバイルの「くりこしプラン」がどちらがお薦めなのか、要素を紹介しました。結果、「くりこしプラン」の方が一般的でお薦めであることになりました。その理由は、選択プランが多いというとこが第一の理由です。 その他においては、微妙な差ではやり「くりこしプラン」の方がお薦めと言うことになりました。
モバイルルーター

Rakuten WiFi Pocketの購入は Un-LIMIT V のSIMカード契約がお薦めの理由

Rakuten WiFi Pocketの最も有効に使える楽天回線の契約方法を紹介しています。同じ契約でもSIMカードの契約と、e-SIMの契約では、Rakuten WiFi Pocketの価値が違ってきますその違いをお話しています。また、Rakuten WiFi Pocket以外にもお薦めのモバイルWi-Fiルーターを2機紹介しています。