格安SIM MVNO

格安SIM MVNO

HISモバイルの新プランのお奨めの人は?サブ回線としても使える?

HISモバイルから提供されている自由自在プランは、他社との比較をしても非常に月額料金が安く設定されています。1GBで550円、3GBで770円、7GBで990円の設定です。また100MBで290円と言うプランもあります。 100MBで290円のプランは、実際にはデーター通信に利用するには余にもデーター量が少ないため実用的ではありません。そのためどちらかと言うとサブ回線向きです。 しかし、今まで楽天モバイルが0円で提供してい来た1GBまでのプランが有料となったことにより、実質0円で利用できるプランはなくなりました。 そこで100MBで290円のプランを、いつ起こるか分からない通信障害等に備えて利用するか否かは、あなた次第と言ったところです。
携帯料金

povo2.0とMVNOと楽天の組み合せて最強のプランを作ってみた

デュアルSIMスマホを利用して、大手キャリアと格安SIMのそれぞれのプランを活用して個人に合ったスマホの新しい使い方を紹介しています。 使い勝手が良いのは楊戩ですが、それ以上に料金が最も安くなる最強のプランの作成しています。 povo2.0とIIJmi、そして楽天モバイルをミックスした内容です。 20GBのデーター量の場合でも格安に。また通話においても最低限の料金で収まる方法です。
格安SIM MVNO

IIJmioの新料金プランの安さをキャリアとMVNOで比較してみた

2022年4月よりさらに値下げされたIIJmioの新ギガプランをキャリアとMVNOで比較してみました。 キャリアとMVNOのどちらの比較も僅差はあるものの安さは勝りました。特に20GBのデーター量を利用した場合税込み2,000円は全体的に安いです。また低ギガの利用においても、安く設定されています。 乗り換えを検討されている方は、是非IIJmioの新ギガプランの検討もお奨めします。
格安SIM MVNO

デュアルスマホを上手に使ってスマホ代をより安くする方法を紹介

デュアルスマホの4つの特徴を解説した上で、最も料金がかからない通信会社の組み合わせを紹介しています。そしてシングルシムのスマホでも、2つの通信会社を利用してデュアルスマホと同じように安い料金で使える方法とそれに伴う端末の紹介をしています。
スマホ

SIMロックの原則廃止により生じる問題点と知っておきたい対策

2021年10月よりキャリアで販売されるスマホ端末に対するSIMロックが原則禁止になりました。 それに対して、キャリア等で端末を購入する時に知っておきたい問題点をまとめました。 販売端末は回線契約と抱き合わせ、各キャリアにおける周波数帯・VoLTEが対応しなかった場合の問題点についてです。
格安SIM MVNO

楽天モバイルの新サービス「10分通話かけ放題」を申し込んた経緯と感想

Rakuten Link を使って無料通話を行っていますが。何分音声通話の品質は良いとは言えない状況であります。 また、音声通話発信においてもデーター通信がOFFになっているようだと、相手側に「非通知」で電話を掛けるようになります。 データー通信OFFへの対応などを行ってきましたが、楽天モバイルから提供された新サービス「10分かけ放題&SMS送信無料」を利用してみて、品質の改善や相手側への非通知着信の対応のなどから解放された感想等を綴っています。
格安SIM MVNO

LIBMOの新プラン「なっとくプラン」の30GBプランをお薦めする理由

TOKAIコミュニケーションズが運営しているdocomo回線のLIBMOから「なっとくプラン」が提供されます。その中で20GBと30GBの音声通話プランは、非常に料金が安くなっています。データープランでは30GBプランは通常かもしれませんが、音声通話プランで30GBで税込2,718円は非常に安です。そんなLIBMOのなっとくプランを紹介しています。
サブブランド

Y!mobileも新料金プラン開始 料金プランとサービス、割引を解説 

Y!mobileの新プラン「シンプルプラン」は、以前の「スマホベーシックプラン」よりもギガが増量され、料金も値下げされたプランです。 どれほどのギガ増量、値下げ状況におて「スマホベーシックプラン」と比較しています。また、付帯するサービスや、割引においても解説しています。
サブブランド

UQモバイル新プラン紹介・くりこしプランとpovoあなたが選ぶのはどちら

auから提供された「povo,」と、同じKDDIグループのUQモバイルの「くりこしプラン」がどちらがお薦めなのか、要素を紹介しました。結果、「くりこしプラン」の方が一般的でお薦めであることになりました。その理由は、選択プランが多いというとこが第一の理由です。 その他においては、微妙な差ではやり「くりこしプラン」の方がお薦めと言うことになりました。