iPhone12シリーズを少しでも安く安心して手に入れるその方法とは

iPhone
OCNモバイルONE

今年もiPhone の販売がやってきました。今年のiPhoneは12。呼び方は「じゅうに」、それとも英語読みで「twelve」なのでしょうか。

と、考えていても呼び方は自由なので、皆さんにお任せします。

ところでiPhone12の購入金額に関してはiPhone11の時ほど高くはないかもしれませんが、それでも全体的には高額かなと言う方向性ですよね。
そんなに安くないiPhone12です。そのiPhone12を少しでも安く買いたいというのが、普通の考え方でもあるでしょう。
と、言うことで今回は、以前iPhoneSE(第2世代)のと購入の時もお話をしましたが、その時と同じように今回もiPhone12の新品を正規でいかに安く買えるか、いくらまで値段を落とせるかを考えていきます。楽天モバイルは、今回もiPhoneの導入はないため省きます。

尚、特別な表記がない限り表示価格に於きましては、全て税別価格の表示といたします。表内の購入価格は、それぞれのメーカ発表の金額を重視するため、Appleは税抜表示、キャリア3社は税込表示としています。

iPhone12シリーズの購入はいくらするのか

Appleが販売するiPhone12の値段は、最低でもiphone12 mini 64GBの74,800円(税抜)から始まり、iPhone12 Pro Max 512GBの150,800円(税抜)まで登ります。
iPhone 12 Pro Maxの金額は、iPhone12 miniの2台購入よりもまだ高い金額が設定されています。

Appleの販売価格を機種別に一覧表にまとめてみました。(税抜表示)

 64GB128GB256GB512GB
iPhone12 mini¥74,800¥79,800¥90,800
iPhone12 ¥85,800¥90,800¥101,800
iPhone12 Prp¥106,800¥117,800¥139,800
iPhone12 Pro Max¥117,800¥128,800¥150,800

新型iPhoneをオンラインショップで購入する

今回販売されるiPhone12は、4つの種類の内iPhone12とiPhone12 Pro の2つの端末種類です。
残りの2機種、iPhone12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月の販売予定になります。そのため、キャリア3社からはまだiPhone12 miniとiPhone 12 Pro Maxの端末価格は発表されていません。

そこで今回は、Phone12とiPhone12 Pro の購入をオンラインショップで普通に割引などの特典はない状態でAppleからの購入と、それぞれのキャリアからの購入でどこが一番安く購入できるかから検討してみます。

通常に購入する場合(一括払い)

まずは、iPhone12を一括払いで購入する場合です。それほど多くの方はいらっしゃらないと思いますが、それなりに一括払いで購入される方もいらっしゃるのですよね。

一括払いの購入金額を比較してみました。

iPhone12の場合

iPhone12 販売価格(Appleは税抜、キャリア3社は税込)
  64GB128GB256GB512GB
iPhone12
apple¥85,800¥90,800¥101,800
docomo¥101,376¥109,296¥123,552
au¥103,430¥108,260¥122,435
SoftBank¥110,880¥116,640¥131,040

この販売価格の一覧表をグラフに置き換えたものが下記のものです。

SoftBankは、端末代金そのものの値段をAppleよりも大幅に上げているのは通常のSofBankです。
Appleの場合、税抜表示で比較しています。しかし10%の消費税が加算されたとしてもこのクラスでは、Appleが最も安くなります。

iPhone12 Proの場合

iPhone12 Proの販売価格(Appleは税抜、キャリア3社は税込)
  64GB128GB256GB512GB
iPhone12 Pro
apple¥106,800¥117,800¥139,800
docomo¥129,096¥142,560¥169,488
au¥127,495¥140,750¥168,170
SoftBank¥137,520¥151,920¥180,000

Appleの場合、税込み料金を考えてもやはり4社の中では最安値ですね。

通常に購入する場合(分割払いの場合)

次に、分割払いにおけるそれぞれの会社の販売価格をまとめました。この場合は、条件が少し多くあり、できる限り条件をそろえる方向でまとめました。
条件については以下の通りです。

  1. auにおいての分割購入の公式発表ではまず「5G秋トクキャンペーン」に申込をされたお客様が対象となります(キャンペーンに参加の場合は、機種代金5,500円引き)
    分割回数は24回となっていますが、24回目の支払いはiPhone12 64GBであれば48,000円となります。しかし、25カ月目までに機種の買い替えを行い、「かえトクプログラム」を利用して今まで23回支払ってきた機種をauにて回収した場合は、24回目の支払い金額が0円になります。そしてまた新しく購入した端末機種のローンが始まるというものです。
    従って、このパターンはここで述べている分割方法とは全く違うため、auにおいては省略しました。
  2. Appleにおいては24回以上の支払い回数が設定可能ですが、現在は2020年12月31日まで、30,000円以上の購入において24回払いまでの支払い回数までは分割金利0%であるため、他社と金利を合わせるため24回払いを用いました。
  3. docomoにおいても支払い回数は36回、24回、12回とあります。すべて金利は0円なのですが、他社との比較のため36回払いを用いています。SoftBankの場合も24回目の支払い後において、新機種との買い替えでそれまでの支払い残が0円になるプログラムがあります。しかし、継続して48回まで支払うことも可能なので48回払いまでのローンの状況を表しました。
    実質年利0%の分割払い月額料金(Appleは税抜、キャリア3社は税込)
      金利支払い回数64GB128GB256GB512GB
    iPhone12
    apple
    0%
    24回¥3,933¥4,162¥4,666
    docomo36回¥2,816¥3,136¥4,708
    SoftBank48回¥2,310¥2,430¥2,730
    iPhone12 Prp
    apple24回¥4,895¥5,399¥6,408
    docomo36回¥3,586¥3,960¥4,780
    SoftBank48回¥2,865¥3,165¥3,750

このように各社の料金を並べてみると、月々の支払い回数を24回としたAppleの単月の料金が高くなるのは当然です。
SoftBankのiPhone12 Proの料金は4社の中で最も高かったが、分割料金は48回払いと最長であるためAppleの分割料金よりもとても庶民的な料金に感じます。

但し、SoftBankの料金は24回払いと考え単純に2倍にした場合iPhone12 64GBの料金で4,620円、iPhone12 Pro 512GBだと7,500円の料金になります。

AppleでiPhoneシリーズ12を見るのはこちら

docomoでiPhone12シリーズを見るのはこちら

SoftBankでiPhone12シリーズを見るのはこちら

支払期間の途中で機種変更をし、月々の残債を0にするプログラムの場合

このプログラムは、docomoでは「スマホおかえしプログラム」と言い、auでは「かえトクプログラム」、そしてSoftBankでは「トクするサポート+(プラス)」と命名されています。

このプログラムは先ほどauについて若干お話しましたが、分割払いにおける24回目の支払いが終了したときに、それまで分割払いをして利用してきたスマホをキャリアに返却します。端末機種を返却することにより、その後の残債が0円になります。
そして同じキャリアから新端末機種を購入します。

これを24カ月間ずつ繰り返していくと、約2年ごとに新端末を利用できるシステムでもあります。

Appleにはこのようなシステムはありません。従って、ここではキャリアのプランを見てきます。

スマホ返却プランの仕組み

それぞれのキャリアのスマホ返却プログラムの内容を見ていきます。
キャリア得意の非常に複雑な内容です。少し頭が混乱するかもしれません。

docomoの場合

docomoの「スマホお返しプログラム」は、36回払いで分割購入した端末機種をdocomoに返却することにより、その翌々月分の請求以降の分割支払金を最大12回分まで支払い不要とするプログラムです。
「スマホお返しプログラム」を利用する場合は、25か月目以降から割賦債務返済完了前までの間であればいつでも利用できます。

尚、dポイントクラブへの加入は必要です。

docomoの「スマホお返しプログラム」は、以下の2点において融通が聞きます。

  1. 必ずしも返却する必要はありません。プログラムは利用せずそのまま使い続けても大丈夫です。
  2. スマホを返却しても、次のスマホをdocomoで購入する必要はありません。

これは、非常にありがたいですね。

またdocomoの場合、「5G WELCOME割」という割引があります。これは「5Gのスタートとに合わせて、5G対応機種を購入すると、機種代金を5,500円(税込)~22,000円(税込)割引します。」と、言うものです。

最大22,000円の割引を受けるのには、MNPによる転入と、それに伴う22,000円割引の対象機種の購入が必要になります。
それに合わせて、「スマホおかえしプログラム」に加入した場合の月々の端末支払い料金も変化してきます。
22,000円の割引を受けた場合、iPhone12とiPhone12 Proの場合「スマホおかえしプログラム」の月々の料金は次のようになります。(税込み)

  端末金額割引金額割引後端末金額割引前分割金/36回割引後分割金/36回
iPhone12 
64GB¥101,376¥22,000¥79,376¥2,816¥2,204
128GB¥109,296¥22,000¥87,296¥3,036¥2,424
256GB¥123,552¥22,000¥101,552¥3,432¥2,820
iPhone12 Prp
128GB¥129,096¥22,000¥107,096¥3,586¥2,974
256GB¥142,560¥22,000¥120,560¥3,960¥3,348
512GB¥169,488¥22,000¥147,488¥4,708¥4,096

割引前の料金と割引後の料金の差は、月々612円です。
これを24回支払うとすると、2年間で14,688円の差です。

auの場合

auの「かえトクプログラム」は、24回割賦を条件として購入した端末機種の24カ月後の買い取り価格を最終支払分として設定します。総購入金額から2年後の買い取り価格を差し引いた額を、購入してから23カ月の分割支払額に充当します。
24回目の支払い月になった時に、端末の持ち主がauから新機種を購入することを条件として、2年間利用していた端末をauに提供することで24回目の支払いがなくなるというものです。

逆に25カ月目に新端末に機種変更をしない場合は、最終支払い分(24か月後の買い取り価格として決めた料金)を再度24カ月払いとしてその端末利用を続けることができます。

auとdocomoの違いは、プログラムを利用したときに新しい端末の購入が必要か必要ないかと言うことです。

SoftBankの場合

SoftBankの「トクするサポート+」は、内容はauの「かえトクプログラム」とほとんど同じです。

48回の分割購入で「トクするサポート+」対象の端末を購入します。25カ月目以降にSoftBankにその端末を提供して新端末を購入するか、25カ月目以降もその端末を使い続けるかと、言うことです。
「トクするサポート+」を利用する場合、端末機種を購入変更する時期は、25か月目以降から割賦返済完了前までに行う必要があります。

端末の購入金額もキレイに48回にきちんと分割されているので、支払いの残金等も分かりやすくなっています。
キャリア3社の中では最も単純で分かりやすいプランです。

但し、「トクするサポート+」を利用する場合、やはりauと同じように次の新端末をSoftBankから購入する必要があります。(税込み)

 購入金額支払い回数端末購入金額割賦金額
iPhone12 
64GB
48回
¥110,880¥2,310
128GB¥116,640¥2,430
256GB¥131,040¥2,730
iPhone12 Prp
128GB
48回
¥137,520¥2,865
256GB¥151,920¥3,165
512GB¥180,000¥3,750

返却プランの利用にあたって

返却プランを利用する際に最も必要なことは、返却時の査定をスルーすることです。

返却査定において基準が満たされない場合は、返却プランの利用は基本的にはできなくなります。
どうしても返却プランを利用したい場合は、20,000円の承諾費用が必要になります。これはキャリア3社とも同じです。

返却時の査定をスルー出来ない場合は、故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れが発生していることが挙げられています。また製造番号(IMEI)が確認できない、回収機器の割賦返済が完了している場合などは、返却プランは適応されません。

ちなみにdocomoの場合は、「携帯保証サービス」に加入していると20,000円のところが2,000円になります。

AppleでiPhone12シリーズを見るのはこちら

docomoでiPhone12シリーズを見るのはこちら

SoftBankでiPhone12シリーズを見るのはこちら

今使っている端末機種を下取りに出してiPhone12シリーズを購入する

現在使用中の端末機種を下取りに出して、iPhone12シリーズを購入する場合を考えてみます。
この方法はAppleを含めキャリア3社とも行っています。

下取りに出すシステムとは

基本的にスマホを下取りに出すということは、車を下取りに出して新車を購入することと同じです。

今まで使用していた端末を下取りに出し、下取りをしてくれた店舗で新端末を購入します。その新端末の販売価格から旧端末の下取り価格を差し引いた金額で購入するものです。

下取り価格は端末機種について一律同じではありません。下取りしてくれる会社等によりちがいがあります。また、下取り端末の状況によります。
但し、下取り価格の大枠は決まっているようなので、以下の場所で大体のあなたの端末機種の下取り価格が分かります。

各社下取り価格一覧

Apple社の場合は取り扱いはiPhoneのみの扱いになり、Androidの下取りは行っていません。

ネット購入の下取りは少し違う

Appleでの下取りの購入についてお話します。

基本的にAppleでiPhoneを購入する場合、実店舗で購入するよりもネットで購入することが多いのではないでしょうか。
Appleの場合、docomo、au、SoftBankのように店舗の数はありません。従ってどうしてもネット購入を行うようになります。

ネットで購入した場合の下取りにおいては、新端末の購入価格に下取り価格を生かせることはできません。要するに、新端末の料金から旧端末の下取り価格を差し引くとができないのです。

その場合は、新端末は本来の新端末の価格で購入し、別途下取り価格が決定すれば下取り価格が入ったApple Storeギフトカードをメールで受け取るといった形になります。

Appleの下取りの詳細はこちら

どうしても下取り価格をiPhone12シリーズに生かして安く購入したい方へ

「ネットで下取りを申し込んだばあいのシステムは、下取りじゃないでしょう。」、あるいは、「iPhone12シリーズの購入代金に下取りに出した端末の下取り価格を生かして安くiPhoneをかいたい」と、言う方々には、次の手段をとることでiPhone12シリーズの値引きに下取り価格を生かせることができます。

Apple Storeに行って購入することです。要するに実店舗でiPhoneを購入します。

Apple Storeで下取りに出すと、その場で査定を行ってくれてあなたのiPhoneの下取り価格を教えてくれます。
納得のいく下取り価格であれば、その場で新iPhoneの購入にその下取り価格を生かせることがかのうです。また、下取り価格を利用した後の新iPhoneの購入価格を分割払いにすること(ショッピングクレジットの利用)も可能です。

当然下取りに出した端末は、その店舗にて引き取られます。

このように、Apple Storeにおいて下取りを利用して、分割払いも利用するのが最も負担を少なくできるのではないでしょうか。

キャリアの場合はどうなのでしょう

キャリアの下取りにおいても、Appleと同じ流れです。

ネットで申し込んだ場合は、やはりポイント等の交換になります。どうしても下取り価格を新機種購入に充てたいのであれば、店舗にての下取り・新規購入の手段をとる必要があります。

なお、ネットでの下取りの場合、docomoはdポイントとして払われます。
auの場合は、Pontaポイント(法人契約はauポイント)加算となります。
SoftBankの場合は、PayPayボーナスとして支払われます。

尚、これらのポイントは、機種変更への利用等に用いることが可能です。

docomoの下取りの詳細はこちらから

auの下取りの詳細はこちらから

SoftBankの下取りの詳細はこちらから

iPhone12シリーズを安く買うには まとめ

iPhone12シリーズの内、iPhone12とiPhone12 Proが先行販売されます。

そのまま割引きなど関係なく購入(分割購入も含む)するのであればAppleでの購入が安いです。また、Appleで購入したiPhoneは、海外に持って行ってもそのままSIMカードを入れ替えるだけで利用できます。(キャリアのiPhoneは、SIMロック解除が必要です。)

Appleにはありませんが、キャリアのお返しプログラムを利用してiPhone12シリーズを購入する手段もあります。この場合、端末購入の月々の料金は分割払いと同じ条件と金額で約2年ごとに新機種と交換できます。
しかし、この方法で購入し続けると、iPhoneは何時まで経ってもあなたのモノになりません。

現在利用している機種を下取りに出して、新機種を購入する方法もあります。現在一般化しているネットでの購入でも下取り可能です。最も、即下取り価格を新機種購入に充てるのであれば、実店舗にて新機種を購入することがベストです。
Appleの場合は、店舗数が極端に少ないためなかなか難しい部分があります。

このようにあなたの考え方次第では、新iPhone12シリーズが安く入手できます。

あなたは、どこのショップでどの様に購入しますか。

AppleでiPhone12シリーズを見るのはこちら

docomoでiPhone12シリーズを見るのはこちら

SoftBankでiPhone12シリーズを見るのはこちら