お買い得のRakuten Hand 購入する前に知っておきたい2つの注意点

スマホ
OCNモバイルONE

楽天モバイルのオリジナル端末機種と言えば「Rakuen Mini」 と、多くの方がご存じでしょう。現在はMiniの他に5G対応の「Rakuten Big」、最新端末として「Rakuten Hand」が発売されています。

今回のお話は、楽天モバイルオリジナル端末の3種類の製品について購入前に必ず知っておかなければならない端末情報です。
この情報を知らないで購入した場合、「楽天モバイルオリジナル端末が思ったように使えない。」、「今までの通信会社が使えいない。」などの想定外のトラブルが起きる可能性があります。

特に最新端末機種である「Rakuetn Hand」 については現在キャンペーンも実施されています。「Rakuetn Hand」の購入を考えいる方には、是非一読していただきたい情報です。

楽天モバイルのオリジナル端末は、UN-LIMIT V が必要

楽天モバイルの販売しているオリジナル端末(Rakuten Mini、Rakuten Big、Rakuten Hand)においては、必ずRakuten UN-LIMIT V の契約が必要になります。

この契約がないと、楽天モバイルのオリジナル端末は通常に利用することができません。

通常に利用できないというのは次の2点についてです。

  • 端末機種の対応SIMがe-SIMのみである
  • VoLTEの対応が楽天回線のみである

特にe-SIMの関係において現時点ではdocomo、au、SoftBankは当然、3キャリアと関連しているMVNOも一部を除いて使うことができません。

通話自体を行うことには全く問題有りません。しかし楽天モバイルのオリジナル端末がRakuten Un-LIMIT V にしか対応していないいため、現状ではVoLTEの活躍はあまり期待できないということです。
そのため他のキャリアとの互換性については非常に低く、特にe-SIMに関しては端末を購入して簡単に他のキャリアに乗り換えることは非常に難しいのが現状です。

ではその詳細を見てみましょう。

端末機種の対応SIMがe-SIMのみである

画像をクリックまたはタップするとRakuten Hand 特徴・価格・スペックの公式ページに移ります

多くの方がご存じであるSIM(カード)のシステムが、e-SIMのみであることが現状では大きな問題になります。
そこで「e-SIMとは何か」についてからお話します。

e-SIMとは何か

あなたが今利用しているスマホには、SIMカードが挿入されているはずです。(e-SIMを利用されている方は別です。)

SIMカードは、実際にスマホの中にセットするカードです。このカードをスマホにセットすることであなたが契約した通信会社が利用できます。MVNOの乗り換えを経験された方は、SIMカードの入れ替えを経験されたでしょう。

一方、e-SIMにおいては物理カードではないとお考え下さい。(しかし実際にはスマホ本体の中にe-SIMの働きをするSIMカードがすでにセットされています。)

e-SIMはQRコードを読み取ることなどで、あなたがこれから利用しようとする通信会社の情報を端末(スマホに内蔵されているe-SIMの働きをするSIMカード)に読み込ませます。
簡単に言うとこの読み込ませ作業を行えば、その通信会社を使用することができます。

但し、現時点ではe-SIMにはデーター通信の働きしかありません。音声通話に関しては、現在楽天モバイルのみが対応中です。

e-SIMの現状

e-SIMは日本の中では現状、あまり世の中に広まっていません。

業務用としては4社ほどがe-SIMの取り扱いを行っていますが、私達のような一般ユーザーにおいては、(株)インターネットイニシアティブ(IIJmio)の一社がe-SIM提供を行っている現状です。
しかし、先ほどもお話した通り(株)インターネットイニシアティブ(IIJmio)もデーターSIMのみの提供になり、音声通話についてはe-SIMについては取り扱っていません。

このe-SIMの利用が拡大しない原因は、大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)にあります。
e-SIMは先ほどお話した通りスマホでQOコードを読み取ることで、その場で簡単に瞬時に通信会社を乗り換えることが可能です。

このシステムを大手3キャリアは、自分たちのところから顧客が他の通信会社に移ることを嫌がってe-SIMの取り扱いに関して全く動こうとはしませんでした。

最近になり総務省からの勧告もあり大手3キャリアの重い腰もe-SIMの利用に動きだそうとしています。

今話題になっている、ahamo、SoftBank On LINE、povo、のプランにもe-SIMの導入が検討しだされました。

楽天モバイルの3種類の端末もe-SIM対応

さて、今回お話のメインである楽天モバイルの端末の現状は、通信においてはe-SIMのみの対応となっています。

言い換えると、先ほどお話したSIMカードは楽天モバイルの端末には使えないということです。

例えばRakuetn Hand を購入してSoftBank回線で利用しようとしてもSIMカードは挿入不可能です、SoftBank提供のe-SIMは現在存在しないため利用することはできません。(株)インターネットイニシアティブ(IIJmio)のe-SIMプランはdocomo回線のみの提供になります。

結果、楽天モバイルのオリジナル端末がSIMカードに対応していれば非常に使い勝手がよくなるでしょう。しかし何せまだまだ3大キャリアでさえ提供していないe-SIMですから、Rakuten Hand の使い勝手はそういう意味で良くありません。

通常なら「SIMカードを挿入して利用する」と、イメージで購入しますよね。購入後手元に楽天モバイルの端末が届いたときに、「SIMカード入らないじゃん?」と、言うことになりかねませんね。

楽天モバイルの端末はVoLTEが楽天モバイルのみ

画像をクリックまたはタップするとRakuten Hand の特徴・価格・スペックの公式ページに移ります

次に知っておいた方が良い注意点は、音声通話についてです。
楽天モバイルのオリジナル端末の音声通話のVoLTE(ボルテ)は、楽天モバイルのみに対応しているということです。

それは当然と言えば当然のことなのです。VoLTEはdocomo、au、SoftBankの各社がそれぞれに合った規格を持って対応しています。楽天モバイルも自社に合った規格のVoLTEに対応していてもおかしくありません。

今回のVoLTEの対応は、Rakuten UN-LIMIT V を利用するすべての端末機種に該当します。

では、「VoLTEとは何か」からお話します。

「VoLTE」って何

高速モバイル通信である「LTE」は、データー通信しか対応できません。音声通話においては対応ができないのです。
そのためVoLTEが利用されるまではデーター通信はLTEで利用できていましたが、音声通話においては3G回線を利用していました。

そこでVoLTEが誕生しました。3G回線であった音声通話の通信をデジタル化してLTEのデーター通信に乗せて高速化を図りました。

VoLTEの効果としては、

通話時の音声がクリアに聞こえるようになったり、テレビ電話が高画質な映像になったりします。
また、音声通話の発信時間(発信ボタンを押してから、呼び出し音が鳴るまでの時間)が短くなりました。その他には、音声通話をしながらネット検索などが可能になりました。

しかし、これらが可能になるのには条件がそろわなければなりません。
同じキャリアの回線(MVNOも含む)どうしでないと実現できません。例えば、あなたも通話相手も同じキャリアどうしならVoLTEが働きます。しかし、あなたがと通話相手で利用しているキャリアが違った場合は、VoLTEの働きはありません。

VoLTEはそれぞれのキャリアによって回線の種類が違います。そのためキャリアどうしが違った場合はVoLTEサービスは活かされません。

楽天モバイルの場合VoLTEはどうなるか

楽天モバイルの場合オリジナル端末を利用した場合のVoLTEは、先ほどのお話からすると楽天モバイル回線(Rakuten UN-LIMIT V )を利用した音声通話どうしであればVoLTEを利用できます。

しかし、あなたが楽天回線で、相手が楽天回線以外の回線の場合はVoLTEが使えなくなります。

通常、キャリアは自分ところのVoLTEの種類に合わせるのみで、他社のVoLTEの種類まで合わせることはありません。

そのため楽天回線を利用して通話を行う場合、どうしてもVoLTEが対応しない場合が多くあります。
この理由は、まだ楽天回線の利用者が少ないことにあります。楽天回線を利用して通話を発信しても、相手が楽天回線を利用していない場合が多いためほとんどVoLTEが利用できない場合が多く発生します。

そのため以前(3キャリアを使用時)と比較して音声が悪くなった、テレビ電話の画質が良くない、発信ボタンを押しても呼び出しまでに時間がかかる等の事が生じます。

知っておきたい2つの注意点 まとめ

楽天モバイルのオリジナル端末を購入するにあたり注意点をお話しました。

e-SIMの事に関しては、私もRakuten Mini を購入するまで気が付きませんでした。
意外と楽天モバイルのオリジナル端末がe-SIMのみの対応だとは現状の楽天モバイルの端末紹介でも分かりづらい表記になっています。

この事を十分理解してRakuten Hand 等を購入してください。

Rakuten Hand は現在購入代金ポイント還元キャンペーンを行っています。キャンペーンの詳しいルールやポイント還元の時期については以下のページを参照してください。

またVoLTEの件に関しては、大きな注意点ではありません。「こういうこともありますよ。」と言う程度に知っておいた方が良い内容です。

Rakuen Hand は、価格も安くそれでいてしっかりとした内容の端末機種です。購入を検討されているかたがいらっしゃればこれからがお買い得時期です。
理由は、楽天モバイルの1年間無料キャンペーンがまだ300万人に達していいないため続いています。契約してから向こう1年間0円で利用できることを踏まえ、その間に楽天モバイルの自社回線も広がり利用できるようになります。

そうすれば、0円でデーター量無制限利用が可能になります。e-SIM利用も可能です。

Rakuten Hand は、サブ機としてテザリング利用もできます。

今、お薦めの端末です。