Wi-Fiのセキュリティー関する危険と安全性

Wi-Fi
OCNモバイルONE

私たちが日ごろ活用しているWi-Fiは、生活の一部になっています。それは、ライフラインと同じです。

水道、ガス、電気、通信(Wi-Fi)と、表されます。

新しく仲間入りした通信(Wi-Fi)は、まだまだ生活圏への侵入を広げていきます。

しかし、便利さが浸透する中で、同時に危険性を持ち合わせています。その危険性のために、わずかばかりの出来事が、生活を狂わせてしまう可能性を持っています。

Wi-Fiと共に広がっていく危険とは、どのようなものでしょうか。対策は必要なのでしょうか。どのように対策を取れば様のでしょうか。

と、言うことで、「Wi-Fiの危険性とは、なにか。」を、見て行きます。

Wi-Fiの何が危ないのか

Wi-Fiには、セキュリティーがあるのは、ご存知ですね。もし、知らなかった、と言う方がいらっしゃれば、覚えておいてください。

Wi-Fiには、セキュリティーがあるのはなぜ?

当然ですが、Wi-Fiを使用するに当たり免許は必要ありません。ですから、誰でも問題なく、どこでも使用することが出来ます。

外出先で、複数の人がWi-Fiを使用した場合、その複数の人たちで同じ電波を共有している状態になります。

この同じ電波の共有することが危険なのです。

その危険とは、使用しているWi-Fiの電波に、第三者が簡単に割り込んでしまうことが出来るのです。言い換えれば、あなたが使用しているWi-Fiの内容を、第三者が傍受出来るのです。

この傍受からあなたや他の人のWi-Fiの内容や個人情報等を守るために、セキュリティーが必要になります。

いつ・どこでWi-Fiが危険なのか

Wi-Fiの内容等が、傍受されているかどうかはその場ですぐにはわかりません。(わかればいいんですがね)

あくまでも、使用しているWi-Fiセキュリティーが、内容が傍受されやすいセキュリティーであり、その情報が傍受される険性を持っている場所がある、と言いう事です。

その場所とは、公的な場所にあるWi-Fiスポットなどが多いです。

この場所は、誰でも簡単にWi-Fiに繋ぐことができます。Wi-Fiに接続するためのパスワードが必要ない場合も多いため簡単に接続ができできます。

このパスワードが、ないばかりにそのWi-Fiを使用している人の情報は、いつでも傍受できる状態になっています。

安全なWi-Fiスポットとは

このように、使用している情報が第三者に傍受されていると思うと、安心してWi-Fiを使用することが出来ません。

安心してWi-Fiを使用するための方法として唯一あるのが、Wi-Fiを使用するときは、必ず鍵マーク(🔒)が付いているものを選ぶことです。

この鍵マークの確認は、すぐにできます。

Wi-Fiを設定画面で、ネットワーク選択欄のネットワークの名前の少し離れた右側(Wi-Fiマークの左側)に鍵マークが付いているか否かです。

この鍵マークが付いているWi-Fiは、パスワードを入れないと使用することができません。

このパスワードを入れることが、「Wi-Fiのセキュリティー」になります。従って、パスワードが分からなければ、使用することは出来ません。

セキュリティーで守られたWi-Fiは、傍受されても解読するのに相当数の時間が必要なため、不可能といわれてます。

公共の場のWi-Fiスポットで使用する場合、鍵マークが付いているWi-Fiが選択肢にあれば、それを選んでください。

LINEモバイル公式ページはこちら

Wi-Fiのセキュリティーの種類

Wi-Fiのセキュリティーは、いろいろなセキュリティ―があるように思えます。しかし、現在の段階で安全と確認されているWi-Fiのセキュリティーは一個です。

WEP・セキュリティー

WEPは、Wi-Fiの暗号化として、最初に採用されたセキュリティーです。開発・採用当初は、WEPで十分大丈夫とされていました。

しかし、すぐに暗号が読み取られてしまい、現在は脆弱性があるとして採用はされていません。

WPA・セキュリティー

WEPは脆弱性があるため、使用されなくなった代わりに登場したのが、WPAです。

しかし、このWPAもWEPの一時的な代替えとのことでしたが、脆弱性が認められたので、すぐに利用されなくなりました。

現在、一部の場合まだ残っている場合があります。(スマホなどが、WAPを拾う場合があります。)

WAP2・セキュリティー

WAP2は、WAPのより安全なWi-Fセキュリティーとして登場しました。現在、私たちの家庭でも職場でも、Wi-Fのセキュリティーとして活躍しています。

去年までは、このセキュリティーは安全なものとされてきましたが、WAP2も脆弱性があるのが分かり、去年の暮から対策が打ち立てられました。

現在、WAP2より安全なWi-Fセキュリティーはありません。

WAP3・セキュリティー

WAP2の後継者として、開発されているセキュリティーです。2018年後半に使用開始の予定です。

このセキュリティーは、WAP2の脆弱性をカバーするとともに、公衆無線ラン(公衆Wi-Fスポット)のセキュリティー化も踏まえているセキュリティーです。

実現されると、現在よりも安心して、Wi-Fiが利用できます。

Wi-Fiセキュリティー まとめ

私たちの生活の必需品となったWi-Fiです。

今後、一人一つのWi-Fi機能を持ち歩く時代が来るかもしれません。

以前は、パソコンなどから有線で通信を行っていましたが、今は、目に見えない電波が自動で飛び通信を行っています。目に見える保護機能(目に見えるセキュリティー)は、ありません。

前述したように、誰もが気軽に利用できる電波です。だれがどこで傍受しているかわかりません。
だから、便利である反面、危険性も持っています。

WAP2が最も安全とされている現在は、個人情報などのWi-Fiでのやり取りは必ずWAP2で行いましょう。🔒マークのあるWi-Fiです。

公衆Wi-Fiスポットでのインターネットの買い物などは、セキュリティーの問題上クレジットカード番号の傍受などが考えられますから、そのようなインターネット取引は、行わないのがよいです。

くれぐれも、お気を付けください。



LINEモバイル公式ページはこちらから