SIMフリーモバイルルーターとは?新しいモバイルスタイルの紹介!

Wi-Fi
OCNモバイルONE

あなたは、スマホを街中で使用するとき、Wi-Fiスポットなどを利用していますか?

Wi-Fiスポットを使用する場合、そのWi-Fiスポットまで行かなくては使用できませんよね。そんな時に、わざわざWi-Fiスポットまで足を運ばなくても良いのが、モバイルルーターです。

最近、モバイルルーターを持ち歩くのが、陰でちょっとしたブームになっているそうです。

そこで今回は、自分流で創作する「SIMフリーモバイルルーター」について、お話します。この記事を読んでいただくと、SIMフリーモバイルルーターの魅力がわかっていただけるでしょう。

SIMフリーモバイルルーターとはどういうものか

一口に「SIMフリーモバイルルーター」と言っても、何の事か意味不明になる場合もあります。そこで、SIMフリーモバイルルーターを、SIMフリーとモバイルルーターに分けて、解説していきます。

SIMフリーとは

まず、SIMフリーの意味は、「SIMフリー端末」ということを指し、どこのキャリア(docomo、KDDI(au)、SoftBank)の契約ではないと、いうことを表しています。

通常、携帯電話やスマホをキャリアから購入すると、そのキャリアの回線を専属で利用することになります。

docomoで購入したスマホやタブレット、あるいはモバイルルーターは、docomo回線を使用しますよね。他社の回線は使用しません。このような状態のスマホ・タブレット・モバイルルーターは、「SIMロック端末」と言います。

しかし、iPhoneのようにキャリアから購入したのではなく、Apple Storeから購入した場合は、キャリアの回線は指定されていないため、SIMロックが掛かっていません。

ですから、キャリア購入以外のメーカーなどから新品で購入し、SIMロックが掛かっていない端末の事を、SIMフリー端末と言います。

モバイルルーターとは何?

モバイルルーターとは、簡単に持ち運び(携帯)ができる、個人のWi-Fiシステムです。

Wi-Fiシステムを利用していない場合、あなたはスマホのインターネット接続は、各基地局から発信される電波を4G/LTEという形で電波を受け取っています。

この形で電波を受け取ると、月々の契約しているデーター量を消費します。そして通信速度も、それなりのスピードです。

しかし、Wi-Fiシステムを利用すると、月々の契約データー量は使用せず、通信スピードも格段に上がります。この2つの利点のためにWi-Fiスポットを利用しているのですよね。

モバイルルーターは、わざわざWi-Fiスポットまで赴かなくても、その場であなたの通信端末をWi-Fiにつないでくれるのです。

言い換えると、モバイルルーターは、電源がオンになっている限り、いつでもどこでもあなたをWi-Fiシステムで覆っているのです。


意外と月々の料金が安いH.I.S.モバイル公式ページはこちらから

モバイルルーターの2つの種類

 

SIMフリーのモバイルルーターの購入は、大きく分けて2つのパターンがあります。セット販売のモバイルルーターと、自分で準備する完全フリーのモバイルルーターです。

セット販売のSIMフリーモバイルルーターってどんなの?

セット販売とは、キャリアやMVNO(格安SIM会社)などが、モバイルルーター端末を販売する場合、自社のSIMカードと一緒に契約するパターンです。

この場合は、モバイルルーター端末の中にSIMカードが挿入され、スイッチをオンにすると、すでにWi-Fiシステムが起動する状態になっています。

完全フリーのモバイルルーターはどんなの?

完全フリーのモバイルルーターとは、モバイルルーターを、Amazonや楽天市場などのネット販売などから購入しますそして、使用するSIMカードも、単独でMVNOと契約をします。

この場合のSIMカードの契約は、基本データーSIMカードです。

この様に、全く別々のところから買い揃え、組み合わせて利用するパターンです。

SIMフリーモバイルルーターを持つ意味と、メリット

スマホの音声通話SIMを利用すると、音声通話はできる上に、4G/LTE回線を利用してインターネットに接続させることもできます。ましてや、テザリングもできます。

なのになぜわざわざモバイルルーターを準備して、改めてデーターSIMを契約してまでしてモバイルルーターを利用するのでしょうか。おしゃれだからでしょうか?

いいえ、そこにははっきりとした理由があるため、少しずつ流行っているのです。その理由を、SIMフリーモバイルルーターのメリットを踏まえながら考えていきます。

1、通信費のコストを下げる

ほとんどのスマホの料金は、データー容量の差で上下します。データー容量が大きければ料金も高く、データー容量が少なければ料金も安くなります。

また、キャリアのデーター容量に対する料金を見ても、MVNOと比較するとまだまだ高額になります。

そこでフリーモバイルルーターを使用する場合、MVNOのデーターSIMカードを契約すれば、契約データー容量によりますが、10GBほどであれば2,000円超えたぐらいから2,500円ぐらいまでの月額料金で済みます。

また20GBほどのデーター容量で3,500円前後の料金になります。

特別よほどの大量データー量を使用しない限り、多くても月々20GBほどのデーター量で賄えるはずです。自分に合ったデーター量が選べるというのも結構魅力的です。

2、解約金が発生しない

WiMAXや、ポケットWi-Fiなどは、2年間あるいは3年間の縛りがあります。この契約期間内に契約を解除してしまうと、解約金が発生します。

しかし、SIMフリーモバイルルーターの場合、MVNOのデーターSIMを利用した場合、解約金は発生しません(一部発生する場合もあります)。理由は、MVNOのデーターSIMは、音声通話SIMのように最低契約期間が設けられていません。

従って、契約当月などに解約を申し出ても、データーSIMカードの場合は解約金が発生しないのです。乗り換えた場合、乗り換え先の事務手数料とSIM料金がかかるだけです。

3、テザリングよりもメリットが多い

外出先でも、パソコンを利用する場合や、タブレットを利用する場合があるでしょう。そのような場合、少し前まではテザリングという手段が一般的でした。

このテザリングは、スマホに付帯している機能の一つになります。スマホを基地局にして、契約しているデーター容量の中からWi-Fi電波を飛ばし、他のパソコンやモバイル端末を使うシステムです。

このテザリングは、電波の安定性が悪く、スマホの電池の消耗が激しく、音声通話時は利用できないなどのデメリットが多い機能です。

そこで外出先でも、安定した電波を利用でき、電池の消耗も少なく、音声通話にも邪魔されないモバイルルーターが安く利用できるので、徐々に人気が出てきたのです。

4、プランの選択は、自由自在

通信キャリアが販売する場合(ポケットWi-FiやWiMAXなど)は、プランとそれに対する料金が事前に決められています。

しかし、SIMフリーモバイルルーターは、あなたのパターンに合ったプランと料金を選ぶことができます。このため、ライトユーザーからヘビーユーザーに至るまで、それぞれに合った使い方ができます。

従って、無駄のない使い方や料金設定ができるということです。

5、海外でも利用できる場合がある

モバイルルーターの端末にもよりますが、基本SIMフリーのモバイルルーターであると、海外利用も可能です。

渡航先の国を対象に発売されているSIMカードを挿入すると、現地でインターネット接続があなたのモバイルルーターを通して、利用可能となります。

その場合は、海外ローミングなどの場合でインターネットを行うよりも、非常に格安な料金で利用できる場合が多いです。

海外に赴くことが多い方には、SIMフリーモバイルルーターはおススメになります。

 

すべての方に共通するメリットとしては、大きく分けるといじょうのようになります。これらのメリットが、SIMフリーモバイルルーターの利用に対し、人気がある理由です。

では一方、メリットがあるのであれば、デメリットもあります。次はデメリットを見てみましょう。


LINEモバイル公式ページはこちらから

SIMフリーモバイルルーターを利用するデメリット

SIMフリーモバイルルーターを持つデメリットは、個人差によるところが大きくなります。意外と、内容によりここで挙げたデメリットを、デメリットと思わない方もいらっしゃるでしょう。

1、SIMフリー端末やSIMカードの準備・セッティングまですべて自分で行う

このデメリットに対しては、デメリットと考える場合とそうでない場合があります。

私などは、端末やSIMカードのプランを考えているときは、「どれにしっようかな~♬」と非常に楽しい時間を過ごしました。

しかし、人によると、「どの端末やプランを選択してよいのかわからない。」と、考えると、嫌になってしまう場合もあるでしょう。

ましてや、購入後の端末そのものや、端末同士のセッティングは、もっと解からないから煩わしくなってしまう場合もあります。

この様な方の場合は、セット販売のSIMフリーモバイルルーターを、おススメします。

2、問題解決も自分で行う

こちらも、頼りになるのはあなた自身です。問題が起こる可能性は、きわめて低いです。しかし、何か問題が起これば、自分で解決しなければなりません。

その心構えが必要です。

特に、今回のSIMフリーモバイルルーターとSIMカードの関係において、全く別々の条件で購入した場合、原因がはっきりしないため、サポートが非常に受けにくくなります。

そのためにも、セット販売のSIMフリーモバイルルーターがおススメです。

3、持ち歩くことが煩わしい

モバイルルーターは、外出時に携帯しなければなりません。大切に家に飾っておくモノではありません。

この外出時の携帯が煩わしいと感じる場合は、あまりモバイルルーターを持つことはおススメしません。理由は、外出先で、紛失する場合があるからです。

カバンの中に入れておくのは、紛失防止の一つの対策です。しかし、上着のポケットに入れておくなどの場合、ポケットから落としたり、取り出した時に忘れたりして紛失の原因になります。

持ち歩くことの煩わしさから逃れたいと思うことが多い場合、意外と気が付かない事が多いです。

車の中に忘れていた、カバンに入れっぱなしだった、という場合は良いですが、どこに置いてきたかわからないとなると、大きな問題になります。

この様に感じる場合は、あまりおススメしません。

SIMフリーモバイルルーターの利用に合う人

具体的にどのような人が、SIMフリーのモバイルルーターの利用に合うのでしょう。

SIMフリーモバイルルーターの利用に合う人

1、通信費を安くしたい人

あなたの現在の通信費をさらに、安くしたいと考えるのであれば、SIMフリーモバイルルーターを利用するのに合う人です。

特に、WiMAXやポケットWi-Fiを利用している場合、サービスプランに対して金額が固定されています。「思ったよりも使わなかった」と、感じる場合のあるでしょう。

また、キャリアのデーター量が大容量のプランと料金が合わないと感じた場合など、自分に合ったプランで通信費を安くした場合のども、SIMフリーモバイルルーターの利用に合う人です。

2、外出先でインターネットを利用することが多い人

外出先で仕事やプライベートでネットを利用することが多い時代です。ネット利用時に、Wi-Fiスポットを探して利用する場合が多いのではないでしょうか。

SIMフリーモバイルルーターがあれば、あなたがWi-Fiスポットになります。わざわざWi-Fiスポットを探したり、向かったりする必要がなくなるというメリットがあるため、外出先でネットを利用する人には向いています。

また、セキュリティーもパブリックなWi-Fiスポットを利用するよりも、安心して利用できます。

3、海外に出かけることが多い人

海外に出張や旅行で出かけることが多い方には、SIMフリーモバイルルーターの利用は向いていいます。

Wi-Fi端末のレンタルなどと比較すると、借りる・返すの手間のなく、そのままあなたの持っている端末を海外に持っていくことも可能です。(海外利用対応端末の場合のみ)

その場合、訪問先の国に合ったSIMカードを用意し、セットするだけで利用できます。

SIMカードの購入費のみで済むため、非常に経済的です。

 

おススメのSIMフリーモバイルルーターとMVNOのデータープランを紹介

おススメのSIMフリーモバイルルーター端末を紹介します。

 Aterm MR05LN

nanoSIMカードが2枚使用できる、デュアルSIM機能搭載のモバイルルーターです。ビジネスやプライベートの使い分けも簡単にできます。

最大10台までの同時使用ができ、連続通信時間14時間と、長時間の使用も可能です。もちろん、海外利用にも対応しています。国内の3つのキャリアの電波にも対応!値段は少し高いですが、モバイルルーター端末の良さを味わえる一品です。

 Aterm MP02LN

2019年10月発売の機種です。前身の「Aterm MP01LN」と、比較すると、ほとんど同じですが、目立った違いは、3G回線とLTEバンド3(1.7GHz)の利用が可能、海外利用に対応したというところです。

別機種として存在する「Aterm MR05LN」の弟分に当たるモバイルルーターです。機能こそは、兄のAterm MR05LNよりは少し劣りますが、モバイル業界の最小・最軽量の端末です。

ですが、、モバイルルーターとしての働きは、一人前以上です。ですから、持ち歩くだけでモバイルライフの変化だけでなく、あなたの1日のライフスタイルをエンジョイさせてくれます。

必要な初回の設定も自動で行い、設定に関する心配もひつようありません。価格もAterm MR05LNよりリーズナブルで、おススメの品です。

 

ZMI MF855

 

一見、モバイルルーターよりも、スマホの充電器という感じに見えます。しかし、実はモバイルルーターであり、7800Ahの容量を持つ充電機です。モバイル機器のみだけでなく、ノートパソコンの充電も可能。

Wi-Fi接続は同時9台が可能。4G・3Gそして2Gにも対応。幅広い通信対応が可能なため、海外での利用もできます。
ただ、難点は、電池の重さが多少ネックになることです。しかし、この値段でこの機能は、見逃せません。是非チェックしてください。

おススメMVNOとデーターSIM

おススメのデーターSIMを扱っているMVNOを紹介します。

今回は、データー容量が7GB~20GBまでのデーターSIMの紹介です。10GBのデーター容量を中心にその前後で比較的、料金のやすMVNOのプランを選択しました。

 

7GB10GB12GB20GB
IIJmio2,560
H.I.S.モバイル1,6002,0003,500
イオンモバイル2,680
OCN モバイル ONE
2,300

 

 

 

 

おススメのMVNOは、4社です。またおススメのデータープランのデーター容量は、10GB~12GBまでの間で想定しました。

10GBであれば、H.I.S.モバイルの2,000円プランがおススメです。また12GBのおススメは、IIJmioでしょう。

但し、使用データー量は、各個人差が非常に大きいです。従って、事前に月間の自分のデーター消費量を把握する必要があります。それだけは、お忘れなく!

月々の料金がやすいH.I.S.モバイル、公式ページはこちらから

SIMフリーモバイルルーターの利用のおススメ まとめ

SIMフリーモバイルルーターの利用をおススメしてきました。

実際のところ、SIMフリーモバイルルーターの利用は、簡単に何方でも利用することができます。

デメリットで紹介した「ルーター端末を持ち歩くことが煩わしい場合」の場合も、ストラップの取り付けなどで紛失防止策をとることこともできます。

「ちょっと挑戦してみようかな。」と、考えられたのなら、是非いちど挑戦してみてください。

意外と、毎日が変わるかもしれませんよ。