携帯料金

携帯料金

多くのMNPのタイミングは月の後半がお奨め!その理由と注意点を紹介

MNPなどを行う場合は、月の下旬ごろからの取り掛かりがお奨めです。理由は、多くの通信会社の場合初月は日割り計算でスマホの月額料金が請求されます。今まで利用してきた通信会社の料金と乗り換え先の日割り料金の両方が翌月に請求されるため、日割り計算の料金を少しでも少なくするためです。一方初月無料の通信会社もあります。この場合は、従来の通信会社の最後の料金と重なることはないため、月内にいつ乗り換えても大丈夫です。
携帯料金

povo2.0とMVNOと楽天の組み合せて最強のプランを作ってみた

デュアルSIMスマホを利用して、大手キャリアと格安SIMのそれぞれのプランを活用して個人に合ったスマホの新しい使い方を紹介しています。 使い勝手が良いのは楊戩ですが、それ以上に料金が最も安くなる最強のプランの作成しています。 povo2.0とIIJmi、そして楽天モバイルをミックスした内容です。 20GBのデーター量の場合でも格安に。また通話においても最低限の料金で収まる方法です。
携帯料金

余ったデータ−量の繰越は月額料金の無駄使い!その対策の方法はひとつ!

一見お得でユーザー思いに見える余ったデーター量の次月への繰り越し。お得なように見えるデーター繰り越しですが、実は月額料金の無駄遣いにもなっています。あなたは繰り越したデーター量と新データー量を合わせてどれほどのデーター量を消費しますか。ほとんど消費するデーター量は、毎月それほど大きくかわらないでしょう。そのため繰り越されたデーター量は、消費しないまま消滅してしまう可能性があります。そこであなたの適正なデーター量を把握することで翌月繰り越しになっていたデーター量を抑え、スマホの月額料金もより安くする方法をお話します。
携帯料金

楽天モバイル+αで月額料金が2千円台前半、30GB/月まで使える方法を紹介

楽天モバイルともう一社MVNOを利用してスマホの月々の料金を抑える方法を紹介しています。実際のところ筆者である私が何処まで安くできるか実践をしてみたところで、お薦めの方法です。あなたが利用している端末にも違いがあるはずなので、大きく分けシングルSIMの利用端末とデュアルSIM利用の端末に分け、またe-SIMの利用に関しても紹介しています。 料金が激安で、月々の料金を固定にできる方法です。
携帯料金

Rakuten Link の2つの知っておきたい留意点を紹介

楽天モバイルが展開しているRakuen Linkは、使い方によると非常いに重宝する通話アプリです。なんせ一部の電話番号を除いてほとんどの電話番号が追加料金なしで「かけ放題」になります。しかし、使い方を間違えるとせっかくの無料通話が生かされなくなり、通話料金が掛かります。 そこで今回は、通話料金を掛けないための留意点をまとめました。
携帯料金

LINEモバイルでやっちゃった料金未払い!実体験からの報告

LINEモバイルあなたのスマホ料金の支払い方法は、どんな方法ですか。銀行引き落としでしょうか、クレジットカードでしょうか。 私も現在スマホの支払いはクレジットカード決済を利用しています。 私は当時、LINEモバイルを契約していました。当...