日本通信より「音声通話かけ放題サービス」が開始 月額2,480円はお得!

ニュース・キャンペーン
OCNモバイルONE

2020年7月15日15:00より、日本通信(通称、B-mobile)からdocomo回線を利用した新プランの受付が開始します。

月額料金が2,480円(税抜き)の固定料金で国内における音声通話がかけ放題になるプランです。名称は、「合理的かけほプラン」です。

尚、表示の利用金は、すべて税抜きの料金表示です。

かけ放題は手間がかからない

この「合理的かけほプラン」は、従来から多くのMVNOがサービスに取り入れている「10分かけ放題」で導入している電話専用アプリや、それにともなうプレフィックス番号を頭につける必要はありません。

例えば「10分かけ放題」を利用している場合など、着信に折り返し電話をするときにそのまま着信履歴から電話を掛けると、通常の通話料金が掛かってしまい無料通話にならなかったという経験はありませんか。

今回の「合理的かけほプラン」は、そのような着信履歴からのリダイヤルにおいてもかけ放題が適応され、無料通話のようになります。

但し、すべての音声通話がかけ放題になるわけではありません。0570、0180、などの他社の電話においては対象外になります。また、104の番号案内の場合も対象外です。

データープランは少ないがデーター量追加料金は格安

このプランは、データー容量が3GB含まれています。「データー容量が3GBだと足りない」と言う方も多いのではないでしょうか。

当然、データー量の追加もO.K.です。追加においては、1GB辺りの料金が250円と言う低価格での購入になります。
従って、月間の利用データー量が7GBの場合でも、2,480円 + 1,000円 = 3,480円の料金となります。この3,480円の料金は、大手携帯キャリアの半額料金にあると、日本通信は話しています。

こんなに通話料金もデーター追加料金も安い理由

「音声通話が月々2,480円のかけ放題と、追加データー量の料金が250円/GBは、や過ぎない。何かあるのか」と、疑問を抱いた方もいらっしゃるでしょう。

実は、このように安価な料金で皆さんに定期用できるのには、ちょっとした日本通信の考えがあったからです。

2019年秋に、日本通信とdocomoの間で行われていた、音声通話サービスの卸契約に関する話し合いが、不調に終わってしましました。

それを基に、日本通信が経済産業省に対してお国の判断を求めました。

その返事が先月2020年6月30日に行われました。その答えは、「音声通話サービスにおいても、適正な原価に適正な利潤を乗せた接続料金で卸契約を行う」と、言う裁定を下しました。

これにより、日本通信をはじめとして各MVNOの通話料金も引き下げられてくる可能性が大きいです。

政府が目指しているスマホ料金などの4割削減が、現実になりつつあります。