楽天モバイル

携帯料金

スマホの料金を安くするには2回線の併用がお得!お奨めの3社を紹介

デュアルSIMのスマホが徐々に市場で出始めてきました。そこで音声通話とデーター通信の会社を別々に契約し、2つの回線を併用することで、1社の回線のみを利用している時よりも月々のスマホの月額料金がさらに安くなる方法をお話しています。
比較

ahamoと楽天モバイルの違いを比較!あなたにが選ぶのはどちら

ahamoと楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵのどちらを契約しようかと迷ているあなたに、ahamoとRakuten UN-LIMIT Ⅵの各サービスの違う部分を紹介しています。 料金から使えるデーター量、通話料金、支払い方法などあなたに合った通信プランの選択の参考になる内容をお届けします。
Rakuetn UN-LIMIT Ⅵ

楽天モバイルはすべての人にお奨めではない。時にはMVNOがお奨め

20GB以上の大容量を利用する場合は、楽天モバイルをお奨めします。しかし、20GBまでデーター量の利用で真ん中前半あたりのデーター量の使用においては、楽天モバイルよりも格安SIMであるIIJmio のギガプランがお奨めです。 その辺りの詳細を説明しています。
格安SIM MVNO

楽天モバイルの新サービス「10分通話かけ放題」を申し込んた経緯と感想

Rakuten Link を使って無料通話を行っていますが。何分音声通話の品質は良いとは言えない状況であります。 また、音声通話発信においてもデーター通信がOFFになっているようだと、相手側に「非通知」で電話を掛けるようになります。 データー通信OFFへの対応などを行ってきましたが、楽天モバイルから提供された新サービス「10分かけ放題&SMS送信無料」を利用してみて、品質の改善や相手側への非通知着信の対応のなどから解放された感想等を綴っています。
Rakuten Link

Rakuten Link 2か月間利用した感想は、追求しなければ普通に使える

Rakuten Link を2ヶ月間使ってみました。その結果を報告いたします。音声品質が悪いわけではありませんが、音声品質に特にこだわりがない方には、お奨めの通話アプリです。また、なんと言っても楽天モバイルから指定された電話番号あるいは国・地域以外は、無料通話ができることです。しかし、無料で通話できる分、残念な事がいくつかあります。使い勝手の悪さや、通話に関する周辺機との相性などです。 その辺りを、利用した感想からまとめました。
携帯料金

楽天モバイル+αで月額料金が2千円台前半、30GB/月まで使える方法を紹介

楽天モバイルともう一社MVNOを利用してスマホの月々の料金を抑える方法を紹介しています。実際のところ筆者である私が何処まで安くできるか実践をしてみたところで、お薦めの方法です。あなたが利用している端末にも違いがあるはずなので、大きく分けシングルSIMの利用端末とデュアルSIM利用の端末に分け、またe-SIMの利用に関しても紹介しています。 料金が激安で、月々の料金を固定にできる方法です。
Rakuetn UN-LIMIT Ⅵ

Rakuten UN-LIMITⅥ3ケ月無料キャンペーンの注意点とポイント付与時期を紹介

楽天モバイルの1年間無料キャンペーンが終了してすぐに今度は3ヶ月間無料キャンペーンが登場しました。以前とは違いRkatuen Un-LIMIT Ⅵ に変わり、段階別の料金タイセイになりました。今回はその料金システムのついてどれほどお得なのかを紹介しています。次にRtakuen UN-LIMIT Ⅵ を利用するための注意点、3ヶ月無料キャンペーンについての注意点及びポイント付与における注意点とポイント付与時期についてまとめています。
固定回線

楽天ひかり キャンペーン利用の条件と注意点、そして通信状態を紹介!

楽天ひかりのお得なキャンペーンについてと、楽天ひかりが対応している通信規格について書いています。 キャンペーンについては、安くなるための方法、その方法を経て キャンペーンを利用するにおいての条件と注意を解説しています。 楽天ひかりの通信規格においてはIPv6を採用しているためIPv6の規格はどのようなものかを解説しています。
モバイルルーター

Rakuetn WiFi Pocketのお薦め理由をメリット・デメリットから紹介

Rakuen WiFi Pocketのメリットとデメリットから見たお薦めポイントをまとめました。