Rakuten UN-LIMITの利用を私が次期尚早と判断した理由

キャリア
OCNモバイルONE

こんにちは!西北院です。

楽天モバイルが格安SIM(MVNO)から、大手通信キャリア(docomo、au、Softbank)と同じように自社回線を用いた「移動体通信事業者(MNO)」となります。

そのMNOとして運営していくために楽天が今回発表したプランの名称は、「Rakuten UN-LIMIT」です。今までの大手通信キャリアのdocomo、au、SoftBankからは、考えられないレベルのプランです。

しかし、まだすべての人々にRakuten UN-LIMITは、行きわたる状態ではありません。

私も、楽天の本稼働前にRakuten UN-LIMITに申し込むかどうか、非常に迷いました。

そこで現段階でRakuten UN-LIMITの利用を、私が利用するために悩んだことを基準にして、Rakuten UN-LIMITの利用に向く人、向かない人を上げてみました。

皆さんの中にも、いろいろな意見があるでしょうが、今回のお話は、あくまでも私個人の意見です。

Rakuten UN-LIMITは、こんなにすごいぞ!

Rakuten UN-LIMITは、スゴイ、お得と様々に言われています。そこで、まずはどこがどんなにスゴイのか紹介します。

楽天自社回線内は月額2,980円でデーター使いたい放題

楽天自社回線が届く範囲のデーター容量(ギガ)は、完全に使い放題です。極端に1,000GBを1ヵ月間で使用しても良いことになります。

その使い放題が、月額2,980円であることがちょっとした驚きになります。

同じ、大手通信キャリアと比較しても、大きな差が生じます。同じ、データー使用量の上限なしで販売しているauの「auデータMAXプラン」でも、料金は月々7,650円です。

auの場合、ナンヤカンヤと時限的な割引も含めても4,480円です。

この差は月々1,500円ですが、長期に渡っての利用においては、大きな差になります。

専用アプリを使うと国内通話無料でかけ放題

「Rakuten Link(楽天リンク)」と、言うアプリを利用して国内のスマートフォンや固定電話に電話をすると、通話料金が無料になります。

また、SMSの送信も国内では無料になり、LIENのようなメッセージのやり取りもRakuten Link一つで対応可能となります。

Rakuten Linkアプリを利用しないで国内通話を利用すると、30秒につき20円の通話料金が掛かります。

グローバル無料

グローバルとは、海外通信の事をいいます。通話とデーター通信を対象にしています。

オプションを利用しない場合においての通話は、従量課金制になっています。

データー通信は、最大データー量量(ギガ)は、2GB/月となっています。

国際電話のオプション「国際電話かけ放題」

「国際電話かけ放題」と言うオプションを併用すると、66各国の地域と国への通話がかけ放題になるオプションです。月額料金980円です。

但し、Rakuten Linkを利用した場合がメインとなりますが、日本から海外への電話は、Rakuten Linkを利用しなくても、オプション契約をしていればかけ放題対象になります。

Rakuten Linkを利用した場合は、日本から海外へあるいはその逆の場合で電話を掛ける場合は当然無料になりますが、海外から海外への通話も無料の対象になります。

楽天ポイントの付与

楽天ポイントを集めている方にはチョットした朗報です。

今回のRakuten UN-LIMITを契約し、指定日までにSIMカードの開通とRakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了した方を対象に楽天ポイント3,000ポイントがプレゼントされます。

また、Rakuten UN-LIMITを契約しRakuten Linkを利用した方を対象に、事務手数料3,300円(税込)分を楽天ポイントで還元します。

但し、「プラン料金1年間無料キャンペーン」の申し込みが300万人に達成することで終了です。

Webと店舗の両方のRakurten UN-LIMITの契約が、対象です。

Rakuten UN-LIMITの詳しい内容は、下の「楽天モバイル」をクリックして下さい。

Rakuten UN-LIMITを契約しない理由

Rakuten UN-LIMITのスゴイところだけを、挙げてみました

なんと言っても、データー量(ギガ)使い放題で2,980円/月、そしてその料金が1年間無料となると、それだけでも契約しようという気になってしまします。

しかし、Rakuten UN-LIMITを契約してお徳感お味わえる方は、まだまだごく少数です。

ほとんどの方は、まだ契約をしない方が賢明です。その理由を順次お話します。

楽天自社通信網が狭すぎる状況

まずは、現段階での楽天自社通信網(Rakuten UN-LIMIT)の利用できる範囲が、非常に狭いということです。

東京界隈では、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県の東京23区に近い場所が、利用可能範囲になってきています。

また、名古屋市、大阪市の場合その周辺市を含めた地域が、楽天自社の通信が可能範囲となっています。

まだまだその他の大都市(札幌、仙台、広島、福岡、等)は楽天回線の利用範囲に入っていません。

楽天回線のエリアの確認は、こちらから。

楽天回線以外の地域は、2GBのデーター量しか使えない

では、楽天回線がまだ届いていない地域の場合はと言うと、au回線に乗り入れます。

au回線の利用までは良いのです。しかし、その先から問題アリなのです。

楽天回線が開通しておらず、仕方なくau回線の乗り入れを利用する場合、同じ2,980円/月で2GBのデーター量しか利用できない状態になっています。

スマホ利用やSIMフリーモバイルルーターで利用するにせよ、2GBだとすぐに使い切ってしまうでしょう。

2GBのデーター量を使い切ると、最高速度128Mbpsまで通信速度が落ちます。

私の生活圏も楽天回線が開通するには、時間がかかるような地域です。1年後にも楽天回線は開通していないかもしれないと予測できる地域です。

そんな場所で1年間無料で利用できるとしても、2GB/月のデーター量では使い勝手が悪すぎます。

そして、恐らく1年後には、自動更新などで2,980円が月々請求されます。

その場合、2GBで2,980円/月では、非常に割高です。

確実に1年後にはRakuten UN-LIMITが利用できるというのであればすぐに契約し、1年間の無料利用を活用しながら待つことも考えられます。

しかし、現段階では、Rakuten UN-LIMITを契約することは意味がないと判断しました。

楽天回線は、今はAndroidだけ

Rakuten UN-LIMITは、今のところAndroidだけの利用です。その上SIMフリーのAndroid端末か、楽天が取り扱うAndroid端末でないといけません。

SIMフリーであっても現在は、iPhoneの利用はできません。

これでは日本人の利用端末の6割を占めているiPhone愛用者は、全く蚊帳の外扱いになります。

一部iPhoneが利用できるとの説もありますが、確証が取れている情報ではありません。

私自身もiPhone利用者です。SIMフリーのAndroid端末も利用していないわけではありませんが、主要で利用しているのはiPhoneです。

2GBぐらいのデーター量だと、Android端末にでも入れておけばよいかと考えましたが、意味はないと考え止めました。

また、今回の楽天回線開通に伴い、楽天が発売したオリジナル端末「Rakuten Mini」の購入も一度は頭を過りました。「Rkuten Mni」は楽天モバイルからの購入の他は、楽天市場で販売しています。

購入価格が19,819円とそれほど高くないですが、わざわざ2GBのために購入するのはどうかと考えこちらも却下しました。

それなら、iPhoneの利用が可能になり、そして楽天回線の利用可能エリアが自分のところまでくるまで持つのが正解かと、言う結論に達したため今回のRakuten UN-LIMITの契約は見送りました。

 

Rakuten UN-LIMITの利用に関わる問題点

総務省より楽天に割り当てられた周波数帯は、Band3が割り当てられました。

現段階では、楽天が所有している周波数帯は、このBand3のみです。プラチナバンドは、ありません。

ちなみに、このBand3と言う周波数帯は、大都市(東京、名古屋、大阪)を中心に利用されている周波数帯です。特徴は、広い範囲をカバーし、通信速度は下り150Mbpsの速度も可能となる高速通信です。

また、プラチナバンドは、障害物を迂回して届くため山間部などの電波の届きにくい場所での利用が主になります。通信速度は劣りますが、電波の届く範囲が広いという特徴があります。

今回楽天は、プラチナバンドの部分をまだ持っていません。そのためauの回線を借りています。

自社回線(いわゆる2,980円で使い放題プランの回線)以外は、他社のプラチナバンドとなるため最大利用データー量が2GBになってしまうのですね。

楽天が自社の力で地方などの電波の届きにくい場所をカバーするとなると、まだ相当の時間が必要になるのではないでしょうか。

また、メイン周波数帯がBand3の1本であるため、現段階では利用者がまだ少ないため通信速度は感心するほど速い可能性があります。

しかし、将来、利用者が増えれば、Band3では対応できなくなる可能性が多きため、Band1のような高周波のため大量のデーターを送信できる周波数帯も必要になります。

こちらもそれ相応の時間が必要でしょう。

Rakuten UN-LIMITの利用に向いている人はどんな人

では、Rakuten UN-LIMITの利用に向いている人はどのような人なのでしょう。以下に挙げてみました。

  1. 楽天回線(Rakuten UN-LIMIT)のエリア内に、少なくとも生活圏がある人。その上、職場や学校がエリア内にある人は、なおさらお勧めです。
  2. とにかくエリア内で、楽天・au回線専用か、あるいはSIMフリー用のAndroid端末を正・副いずれの形でも端末として利用できる人

1番目の項目は、楽天回線の電波が届かない場所でau回線を専属で利用するということではありません。月額料金2,980円で、データー量(ギガ)が使い放題のプランを利用できることです。

この2点をクリアできる方は、Rakuten UN-LIMITのサービスを十分に利用できる方です。向こう一年間のスマホ料金が無料になります。

一方、上記の2点の内容に一つでも該当しない方は、Rakuten UN-LIMITのサービスを受けない方が良い方です。言い換えれば、Rakuten UN-LIMITのサービスに向かない方とも言えます。

現状ではRakuten UN-LIMITの利用をあきらめた理由 まとめ

格安SIMとしての楽天モバイルの受付は、2020年4月7日20:59までです。

現在は、Rakuten UN-LIMITの受付が、新規受付、MNP利用の受付、そして、MVNOの楽天モバイルからの移行の受付と、すべてが行われています。

私もスーパーホーダイからの乗り換えを、非常に前向きで検討しました。

しかし、今回私がRakuten UN-LIMITの利用を諦めた理由は、どうしてもRakuten UN-LIMITを生かせる使い道がなかったからです。

料金がいくら1年間0円になったとしても、スマホにしてもモバイルルーターにしても、2GBのデーター量だと使えそうで使えない状況です。

将来的にはRakuten UN-LIMITに乗り換える可能性は、十分にあります。しかし、現状では今まで大手通信キャリアを利用していた時と同じサービスを受けることはできません。

利用中ストレスが溜まるというより、Rakuten UN-LIMITの本来の使い道がない限り、すぐにまた乗り換えるようになることになってしまうことが見えています。

そういう理由から、「Rakuten UN-LIMITのサービスをFullに受けることができない限り時期尚早である」と、言うのが私の見解です。

皆さんはどのようにお考えでしょうか。