楽天モバイルスーパーホーダイを利用して解かった、メリット・デメリット

格安SIM MVNO
OCNモバイルONE

こんにちは。西北院です。

2019年10月に行われました、「電気通信事業法改正」に伴い、MVNOも少なからずの影響を受けましたね。それに合わせて、MVNOの楽天モバイルと契約をしました。

ちょうど2019年10月というと、楽天モバイルは、MNOの仲間入りをし、docomo、KDDI(au)、SoftBankと同じ通信キャリアとなりました。

しかし、新生MNOとしての楽天モバイルよりも、以前から料金とサービスの面に魅力があったため、従来の格安SIM会社としての楽天モバイルと契約しました。

契約したプランは、「スーパーホーダイ」プランです。

今回は、そんな楽天モバイルの「スーパーホーダイ」を利用して得た感想等をお話します。

尚、表記の料金はすべて税別料金の表示となっております。

楽天モバイルのスーパーホーダイってどんな内容?

楽天モバイルのプランには、「スーパーホーダイ」のほかに、「組合せプラン」というプランがあります。

楽天モバイルは、両プランにおいて2019年10月以降の契約者においては、最低利用期間や契約解除料金は無くなりました。

しかし、楽天モバイルを利用している方の8割が、「スーパーホーダイ」プラを利用していると言われています。(楽天モバイル情報より)

言い換えると、「スーパーホーダイ」は、楽天モバイルの看板プランになるかもしれませんね。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」プラン 料金

スーパーホーダイの料金は次のようになっています。

楽天モバイルから参照

料金プランは4種類です。利用可能データー通信容量が2GB、6GB、14GB、24GB、です。

その料金はデーター容量に合わせて段階順に上がっていきます。2GBの場合は2,980円ですが、24GBの場合は6,980円になります。

少し、他社のプラン料金と比較すると割高ではあります。

しかし、楽天会員の場合、最初の1年間は楽天会員割引が受けられるので、通常料金から1,500円が割引されます。

従って、データー容量2GBの場合最初の1年間は、1,480+消費税で過ごすことができます。

この楽天会員の割引は、楽天会員になると、だれでも受けることができます。楽天モバイルを申し込む時に楽天会員になっても、割引対象になります。

さらに、ダイヤモンド会員があります。楽天モバイルの月々の料金が、楽天会員割引後の金額からさらに500円の割引があります。

ダイヤモンド会員は、一度会員になると続くものではありません。単月単位でダイヤモンド会員かどうかを判断され、ダイヤモンド会員の対象月のみ会員対応となります。

ダイヤモンド会員のハードルは非常に高いものがあります。あまり考えない方が良いかもしれません。

スーパーホーダイサービス

スーパーホーダイのサービスのにおいて利用価値があるのは、料金表にもありましたが、「ギガ使い切っても最大1Mbpsで使いたい放題」と、「10分かけ放題」です。

通常、契約した利用データー容量が0になった場合、通信制限がかけれらます。その場合、通信速度は128Kbpsなどになり、ネットの検索すらページを開くことが困難になります。

しかし、「ギガ使い切っても最大1Mbpsで使いたい放題」は、契約した利用データー容量を超えた後の通信制限でも、最大速度1Mbpsで無制限に通信が可能ということです。

また、「10分かけ放題」は、10分間以内の音声通話の料金は、無料になるというものです。そのオプションが、上記の料金の中に組み込まれているのです。

通常では、「10分かけ放題」は別料金オプションで、オプション料金800円台が主流です。

そのプランが、上記の料金に組み込まれているのは、非常にありがたいです。

この2点は、楽天モバイをおススメする上でのメリットです。

楽天モバイル

 ⇧ 公式ページはこちらから

実際に楽天モバイルを使ってみた感想

私が契約したプランは、「プランS」です。データー通信量が2GBのコースです。

では、実際の楽天モバイル「スーパーホーダイ」を利用してみた、様子や感想をお話します。

高速データ通信容量を使い切っても、最大1Mbpsでデータ使い放題!

私が「スーパーホーダイ」を選択した理由から紹介していきます。

楽天モバイル・スーパーホーダイ、2GBを選択した理由

私が「スーパーホーダイ」を選択した最も大きい理由は、先にもお話しましたが、仮に高速回線の利用データー量がプランの上限を超えても、低速通信制限中の場合でも1Mbpsの速度を利用制限なしで利用できるということです。

特に重点を置いたのは、「使いたい放題」であることです。

UQモバイルの「データー無制限」や、DTIの「ネット使いたい放題」、U-mobile「LTE使いたい放題」など、他の「無制限」や「使いたい放題」と比較をしてみました。

各社とも料金的には、3,000円以下の月額料金です。

通信速度においてはUQモバイルの場合、速度が低速になり500Kbps以下の最高速度しかないため却下しました。

DTIやU-mobileなどは、3Mbpsから4Mbpsの速度が出ているようです。しかし、非公開ですが1日の利用制限が設けられているようで、純粋の「使いたい放題」ではないので、こちらもそういう意味で却下しました。

低速通信になりますが、低速通信速度で1Mbpsの速度を出しているところは、「スーパーホーダイ」しかありません。

また、1日や3日の使用量が合計された通信制限などが設けられていないため、使いたい放題です。(実際は、すでに通信制限に陥っています。)

この2点で「スーパーホーダイ」の契約を決めました。

1Mbpsの速度はどこまで不通に使えるのか

楽天モバイルの情報として、1Mbpsの速度でどこまでできるかを公開しています。

1Mbpsの場合高速通信の場合
メッセージやメール快適快適
Webブラウジングストレスなく閲覧可能快適
地図・ゲームアプリストレスなく閲覧可能快適
動画再生問題のないレベル快適
アプリダウンロードまぁ耐えられるレベル快適

実際に1Mbpsの速度で利用した内容をお話します。

LINEやメールの閲覧や送信においては、楽天モバイルの情報では快適になっています。文字の通り、何も障害が無く待ち時間0のような状態で利用できます。

Webの閲覧ですが、まずページを開くのに躓くことはありません。ごくごくたまに、少し時間がかかることがありますが、確かに「ストレスなく」と、言う感じで閲覧できます。

地図に関しては、Google map を利用していますが、すぐに利用可能になります。問題なく使えます。

ゲームに関しては、ゲームによります。ほとんどのゲームは問題なくプレイ可能でしょう。しかし、データーの重たいゲームは、プレイ開始に時間が掛かったり、途中で停止する可能性があります。また、ゲームデーターのダウンロードに、多少時間がかかる場合もあります。

動画再生に関しては、You Tubenoの視聴は、標準画質(480p以下)までの場合は停止はありませんでした。しかし、それ以上の画質の場合は、途中の停止はあります。また、再生開始にも時間がかかります。

私の場合、dTVとdアニメを契約しています。いずれもストリーミングの場合、「きれい」のランク(動画ビットレート692Kbps)で、障害がなく視聴できます。

アプリのダウンロードは、「まあ耐えられるレベル」になっていますが、こちらは出来れば避けた方が良いです。理由は、アプリにもよりますが、ダウンロードに時間がかかり過ぎることがあります。

いつ終了するかわからない状態です。

アプリダウンロードが出来ないわけではありませんので、どうしてもダウンロードが必要なら致し方ないですが、特に必要ないのであればWifi設備のあるところで行うことをおススメします。

以上が、「スーパーホーダイ」を利用してみた実際の感想です。

楽天モバイル スーパーホーダイ

⇧ スーパーホーダイの公式ページはこちら

スーパーホーダイの使ってみたデメリット

実際に使ってみてメリットばかりがあるわけではありません。デメリットもありました。

混雑時の測度制限

高速通信時には、混雑時の測度制限はありません。非常に快適にすべての事が、サクサク進みます。

しかし、高速通信の容量を超えて低速通信に代わると、混雑時の時間帯は、速度制限が行われます。

12:00~13:00までの間と、18:00~19:00の間は、速度制限が行われます。それぞれの速度は、2回とも300Kbpsまで制限されます。

この時間帯の間に、1Mbpsの速度と同じようにできないことは、ゲームプレイと動画の視聴、そして、完全に無理なのが、アプリダウンロードです。

ゲームプレイにおいては、単純なゲームプレイ(将棋など)は可能ですが、それ以外はスムーズに作動するのが難しいです。動画の視聴も非常に苦しく、You Tubeの視聴も144p、240p、などの画質であれば視聴可能です。少し画質が荒いですね。

この速度制限が1日2回あり、それも利用時間が集中しているときに実施されます。

料金の割引が1年間しかない

2019年9月までの楽天モバイルスーパーホーダイは、契約期間が提示されそれに合わせた楽天会員割引が実施されていました。

1年間の契約の場合は、1年間の楽天会員の割引があり、2年・3年間のそれぞれの契約期間において、会員割引が2年間・3年間と実施されていました。

当然契約期間内にMNPや契約解除をすると、9,500円の解約金が発生していました。

しかし、現在は、9,500円の解約金がない代わりに契約期間も無くなり、当然それに合わせた割引はありません。楽天会員割引においては、一律、1年間の利用において1,500円となり、2年目以降は通常料金に戻るというシステムです。

実際、スーパーホーダイを申し込む前は、解約金や最低利用期間は無くなったので使ってみて満足しなければ即解約してしまおうと考えていました。

現在は、2019年9月までの間に3年間の契約をしていても良かったかなと、考えています。

楽天会員割引が、1年間ではなくもう少し長ければよかったと、言うのが本音です。

楽天モバイルスーパーホーダイを使ってみての報告 まとめ

はっきりと言って、楽天スーパーホーダイは、非常に買いです。

個人的な意見を言うと、スーパーホーダイを契約すると、2GBのデーター容量で十分のところが多々あります。

14GBや24GBなどの中容量から大容量までありますが、普通に動画の視聴やゲームのプレイに利用するだけなら、2GBのデーター容量で契約し、データーを使い果たしたら、低速通信の1Mbpsでも大丈夫です。

もっと欲を言うと、職場か自宅にWi-Fi設備があれば完璧です。

先述したアプリのダウンロードなどデーター量の重い場合のダウンロードは、職場か自宅のWi-Fi環境下で行うことが望ましいためです。

さて、楽天モバイルスーパーホーダイのSIMカードを、今回はiPhoneで利用した場合のメリットとデメリットをお話しました。

私が本来考えている楽天モバイルスーパーホーダイのSIMカードの利用方法は、以前、下記のブログで紹介した利用方法です。

楽天モバイルスーパーホーダイのSIMカードを、モバイルルーターに挿入して利用してみました。そのお話はまた後日報告いたします。