楽天モバイルを利用し、自分流の格安モバイルルーターを作成 スーパーホーダイ編

モバイルルーター
OCNモバイルONE

あなたは、ポケットWi-Fiや、その他のモバイルルーターなどを持っていますか?使っていますか?

最近は、ポケットWi-Fiや、WiMAXなどを利用して、自分だけの通信基地を持つ方が、徐々に増えてきています。

「欲しいけど、月々の料金がかかるから使わない。」と、いう方も中にはいらっしゃるでしょう。

モバイルルーターの月々の基本料金の相場は、凡そ3,000円半ばから4,000円半ばまでの金額ですが、利用データー容量が大きい場合は5,000円以上もする場合があります。

ポケットWi-FiやWiMAX、そして今爆発的な人気をもっている「どんなときもWi-Fi」の、「月々に掛かる3,000円半ばから4,000円代に上る金額がどうしても高い、しかしモバイルルーターが欲しい」と、言う方に、もう少し金額を抑えたモバイルルーターの利用方法を2回にわたってお話します。

今回は前編として、月々の料金を抑えるために利用する通信プランの紹介です。

楽天モバイルのプランがおススメ

まず最初に、モバイルルーターの中に入れるSIMカードの契約内容は、MVNOの「データー量使いたい放題」です。そのMVNOの中でも、極力料金が安いモノを選択します。

料金が安く、使いたい放題の格安SIMは存在します。しかし、場合によっては速度が遅いなどの状況が生じるため、自分が描いていた予想図とは違い、「これでは使い物にならない」と、いう結果になってしまします。

そこで、様々な面から検討した結果、唯一モバイルルーターの中にセットし利用しても、十分活用できると判断したMVNOとそのプランは、楽天モバイルのスーパーホ―ダイ・プランSです。

楽天モバイルスーパーホーダイ・プランSはどんなプラン?

楽天モバイルスーパーホーダイのプランはすべて、音声通話SIMの対応になります。データー通信専用のSIMはありません。

ですから、モバイルルーターに利用するSIMカードは、音声通話SIMカードになります。また、docomo専用のSIMカードしか発行されていません。

この場合、楽天モバイルのSIMカードは、直接スマートフォンに挿入するのではありません。SIMフリーのモバイルルーターに挿入します。ですから、あなたの利用しているスマートフォンが、auやSoftBankの物であっても関係ありません。

スーパーホーダイの中には、プランSのほか、プランM(6GB)、プランL(14GB)、プランLL(24GB)とありますが、利用するプランは最低データー通信料のプランS(2GB)です。

楽天モバイル公式ページはこちら ⇒ 楽天モバイル

なぜスーパーホーダイを利用するのか

スーパーホーダイを利用する大きな理由は、高速データー通信量を使いきった後でも、最大1Mbpsの通信速度を使いたい放題で利用できるという事です。

契約した高速データー通信料を、すべて使いきった後でも1Mbpsの通信速度が利用できるのは、楽天スーパーホーダイだけです。他社の場合、契約したデーター通信量を使いきった場合、ほとんどはデーター通信速度225Kbpsや128Kbpsまで落ちてしまい、使い物にならなくなる場合が多々あります。

スーパーホーダイSIMをモバイルルーターに使用していれば、スーパーホーダイの高速データー通信を使いきって1Mbpsの通信速度になったとしても、モバイルルーターとしては、十分に役割を果たすことができます。

尚、スーパーホーダイSIMは、通信制限がもう一つあります。高速通信分を使いきった後は、通信が込み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)の間は、通信速度が300Kbpsまで落ちます。この部分は、少し痛いですね。

この300Kbpsまで速度が落ちることは、しっかりと覚えておいてください。

では、1Mbpsの通信速度の利用で、可能な事、不可能なことを探ってみます。

1Mbpsの通信速度は何ができるのか?

では、1Mbpsの通信速度では、どの様な事が出来るのでしょうか。楽天モバイルが発表している、資料から紹介していきます。

 1Mbpsの場合高速通信の場合
メールやSNSの利用◎  快適◎ 快適
Webの閲覧◯ ストレスなく閲覧◎ 快適
地図◯ ストレスなく閲覧◎ 快適
動画の視聴◯ 問題のないレベル◎ 快適
アプリのダウンロード△ まあ耐えられるレベル◎ 快適

1Mbpsの場合の利用において、メールやSNSの利用・Webの閲覧・地図においては、ほどんど問題なく利用できるでしょう。

また、LINE電話の様に、インターネット電話の利用も問題なくこなせます。

問題なのは、動画の視聴と、ゲームプレイに関してです。

動画の視聴においては、画質によります。例えば、You Tubeの場合、中画質(480P)の推奨速度がだいたい1Mbpsになります。従って、中画質以上の画質だと、スムーズな視聴は無理でしょう。

また、U-NEXTやNetflixの場合、一番下位の画像品質ランクである標準画質の推奨速度が1Mbpsを超えているので、視聴においては無理です。もし映像が映し出されても、画像の停止が多く続いたりするため、ストレス発生の対象になるでしょう。

ゲームプレイにおいては、オンラインゲームの場合は、ほぼ不可能です。必要とされている速度は、だいたい最低でも30Mbpsとされています。すべてのゲームが確実にプレイは不可能というわけではありませんが、オンラインゲームのプレイを楽しむ場合は、やはりWiMAX等を利用された方が正解です。

従って、「1Mbpsの通信速度で何ができるか」と、言うことが大きな分かれ道になります。高画質動画やオンラインゲームを楽しむことが主流である場合は、モバイルルーターに楽天モバイルスーパーホーダイのSIMを利用するという案件は、おススメしません。

モバイルルーターに、楽天スーパーホーダイのSIMを入れ利用するのは、止めてください。

なぜスーパーホーダイのプランSを選択するのか

料金システムの前に、なぜ楽天スーパーホーダイのプランSを選択するのでしょうか。

スーパーホーダイのプランSは、高速通信分が2GBしか利用できません。そのため、スーパーホーダイの中では最安値の通信料金です。

2GB高速通信を使い切ると、通信速度は1Mbpsに下がります。あなたが、モバイルルーターで利用しようとしているのは、最も安い値段で通信速度が1Mbpsの場合です。

高速通信速度の利用量がが、6GB・14GB・24GBとありますが、利用量が上がるにつれて金額も加算されていきます。これでは、無制限にデーター通信が可能なWiMAX等を契約した方が、ずっと安くなります。

従って、WiMAXよりも通信料金を抑えるのであれば、スーパーホーダイのプランSを利用することでメリットを出します。

料金システムはどうなっているのか

では、スーパーホーダイのプランSの料金内容を見てみます。2019年10月より、新料金プランが適応されます。そちらの方で紹介いたします。

楽天スーパーホーダイの新料金プランの特徴は、従来設定されていた2年間・3年間の契約期間がなくなりました。それに伴う、契約期間に対応した長期割引も撤廃されました。そして嬉しいことに、契約期間の縛りと、それに伴っていた解約金も撤廃されました。

通常ではプランSの月額料金は、2,980円/月です。スーパーホーダイの場合、「楽天会員割」が適応されます。

「楽天会員割」は、楽天の会員であれば、すべてスーパーホーダイのプランの月額料金が1年間1,500円の割引になります。もちろん、当日会員に入会しても適応されます。

もう一方の割引として、「ダイヤモンド会員の割引」と、いうのがあります。この割引は、契約した時点から1年間において「ある一定の条件がそろうと対象月は500円の割引が受けられる」と、いうものです。

ダイヤモンド会員の条件はハードルは高く、常に適応されるものではなく流動的な会員割引なので、あまり割引として期待しない方が良いでしょう。

プランS
データー通信高速データー通信容量 2GB
データー量使用後最大1Mbp 使い放題
通話10分かけ放題 対応
月額基本料金2,980円
楽天会員の場合1年間 1,480円
ダイヤモンド会員適応の場合1年間の対象月 980円

⇒  楽天モバイルスーパーホーダイの公式ページはこちら ☞  楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

モバイルルーターに楽天モバイルのSIMを使う まとめ

何事もより安い料金で済まそうとすると、デメリットはそれなりに大きくなります。モバイルルーターも同じです。

モバイルルーターのデメリットが発生する部分は、通信範囲と、通信速度です。

今回の楽天モバイルのスーパーホーダイにおいては、通信範囲はdocomoの電波を利用しているため、デメリットを発生することはないでしょう。

しかし、通信速度にに関しては、契約データー容量を使い切った後の最大通信速度が1Mbpsという最も最速です。

しかし、動画によっては視聴不可の場合もあり、ゲームプレイにはあまりおススメできない、アプリのダウンロードはできるだけ控えたほうが良いという、デメリットがあります。

また、12:00~13:00と18:00~19:00の間の通信速度が、最大300Kbpsに落ちてしまうデメリットがあります。

現在のところ、この2つのデメリットを背負っている「楽天モバイルのスーパーホーダイ」が、最大限安く使い勝手が良いプランです。

この通信速度の2つのデメリットに対して、自分のスマホの利用手段に向いていないと考えるかたや、通信速度がおそいとストレスが発生しやすい方は、この時点で「楽天モバイルSIMを使って格安なモバイルルーターをつくる」と、いう計画は、止めた方がよいです。

では後編の次回は、モバイルルーターとして利用する端末の紹介をお話します。