携帯料金

多くのMNPのタイミングは月の後半がお奨め!その理由と注意点を紹介

MNPなどを行う場合は、月の下旬ごろからの取り掛かりがお奨めです。理由は、多くの通信会社の場合初月は日割り計算でスマホの月額料金が請求されます。今まで利用してきた通信会社の料金と乗り換え先の日割り料金の両方が翌月に請求されるため、日割り計算の料金を少しでも少なくするためです。一方初月無料の通信会社もあります。この場合は、従来の通信会社の最後の料金と重なることはないため、月内にいつ乗り換えても大丈夫です。
格安SIM MVNO

HISモバイルの新プランのお奨めの人は?サブ回線としても使える?

HISモバイルから提供されている自由自在プランは、他社との比較をしても非常に月額料金が安く設定されています。1GBで550円、3GBで770円、7GBで990円の設定です。また100MBで290円と言うプランもあります。 100MBで290円のプランは、実際にはデーター通信に利用するには余にもデーター量が少ないため実用的ではありません。そのためどちらかと言うとサブ回線向きです。 しかし、今まで楽天モバイルが0円で提供してい来た1GBまでのプランが有料となったことにより、実質0円で利用できるプランはなくなりました。 そこで100MBで290円のプランを、いつ起こるか分からない通信障害等に備えて利用するか否かは、あなた次第と言ったところです。
サブ回線

サブ回線とは何?必要なの?サブ回線を使うならお奨めはどこ?

2021年のdocomoの通信障害を踏まえ、サブ回線の重要性が謳われています。その背景を考えた上で、今やライフラインとなった通信を、「自分の通信は自分で守る」と、言ったコンセプトからサブ回線の必要性をお話しています。また、サブ回線の利用に対して、「料金を極力掛けない」を念頭に置き、povo2.0と楽天モバイル、IIJmioの3社を紹介しています。
携帯料金

povo2.0とMVNOと楽天の組み合せて最強のプランを作ってみた

デュアルSIMスマホを利用して、大手キャリアと格安SIMのそれぞれのプランを活用して個人に合ったスマホの新しい使い方を紹介しています。 使い勝手が良いのは楊戩ですが、それ以上に料金が最も安くなる最強のプランの作成しています。 povo2.0とIIJmi、そして楽天モバイルをミックスした内容です。 20GBのデーター量の場合でも格安に。また通話においても最低限の料金で収まる方法です。
格安SIM MVNO

IIJmioの新料金プランの安さをキャリアとMVNOで比較してみた

2022年4月よりさらに値下げされたIIJmioの新ギガプランをキャリアとMVNOで比較してみました。 キャリアとMVNOのどちらの比較も僅差はあるものの安さは勝りました。特に20GBのデーター量を利用した場合税込み2,000円は全体的に安いです。また低ギガの利用においても、安く設定されています。 乗り換えを検討されている方は、是非IIJmioの新ギガプランの検討もお奨めします。
Rakuetn UN-LIMIT Ⅵ

楽天モバイルを実際に使って判ったメリット7つとデメリット6つ

期間無料キャンペーンは、終了しましたがまだまだ人気が衰えない楽天モバイルです。 私も実際に楽天モバイルをメイン回線として利用してきました。現在は個人的な諸事情によりメイン回線を、MVNOのdocomo回線で利用しています。 私自身は、楽天...
楽天モバイル

楽天モバイルを諦めてIIJmioに乗り換えたその理由とは

通話メインで利用している楽天モバイルを卒業しました。特に楽天モバイルを敬遠するとかそういった意味ではなく、端末の調子から着信を拾わなくなったのが原因です。その辺りの流れをお話しています。
比較

ahamo と LINEMO どちらがお得なのか迷って調べた結果報告

ahamoとLINEMOのどちらを子供に使わせようかと、いろいろ調べた結果の報告です。スマホの使い方によりどちらのプランの利用が良いのかが決まります。そのためには両プランの特徴を知ることが大切です。どちらがあなたにとって合致したプランなのかわかります。
格安SIM MVNO

デュアルスマホを上手に使ってスマホ代をより安くする方法を紹介

デュアルスマホの4つの特徴を解説した上で、最も料金がかからない通信会社の組み合わせを紹介しています。そしてシングルシムのスマホでも、2つの通信会社を利用してデュアルスマホと同じように安い料金で使える方法とそれに伴う端末の紹介をしています。