ahamo

遂にahamoデビュー!使って分かったメリット・デメリットを紹介

ahamoを利用してから2カ月が経過したところで、ahamoを使った見解と、そこから考えられるahamono利用に合う人・合わない人を紹介しています。 実際に使ってみた感想ですが、ahamoの通信速度においては、Tiwtter などで、「速度が遅い」と、言うつぶやきなどが見られますが、特に私の場合はそのような事はありません。それに伴う料金においてもまだ妥当な範囲かと考えています。 しかし、月々のギガの使用量が少ない方には、デメリットしかなくahamoの使用には向かないかと思われます。 ただ、そこそこのギガを使う方であれば、ahamoは一度試してみる価値があると私は思います。 機会があれば、是非ご利用ください。
購入プログラム

iPhone14を一番安く買うにはどこの購入プログラムを使うのがお得?

年々高額になっていいくiPhoneの価格。キャリアが導入している購入プログラムをAppleも導入し、多少ででも安く購入等ができる仕組みをキャリごとに改めて解説しています。 やはり一括や分割で購入するのであれば、Appleでの購入がお奨めになります。しかし購入プログラムで購入する場合は、Appleよりも4社のキャリアで購入する方が安くなります。 このあたりの絡繰りは本文をご覧ください。 ではどこのキャリアで購入プログラムを利用するのが良いのでしょうか。 それは、あなたがここが良いと感じたところでプロフラムを利用するのがベストなのです。 このあたりのお話は本文にてしておりますので、そちらをご覧ください。
格安SIM MVNO

実際にHISモバイルのe-SIMの契約をして使ってみた注意点をレポート

2022年8月24日にHISモバイルからe-SIMの扱いが開始されました。早速翌日に申し込みをしました。申し込みから1時間程度で利用できるか思っていましたが、実際は1週間ほどかかりました。その原因は、HISモバイルのシステム等のあり方が、時間が掛かる方法で対応しているからです。その辺りの詳細をまとめました。またe-SIM対応の推奨端末は、基本的にはiPhoneのみとされています。Android端末に関しては推奨していません。しかし、HISモバイルにe-SIMに対応している端末のEIDと、端末の状態で確認する方法を紹介しています。 実際のところ、その2つをクリアしたので私のAndroid端末はHISモバイルのe-SIMに対応しています。 その辺りの注意点等をまとめました。
比較

日本通信とHISモバイルの290円プランは、同じようで大分違う

日本通信とHISモバイルは、親子関係にある会社です。その両社から月額290円で利用できるプランがそれぞれ提供されています。両社とも同じところはなく、個々に違った内容になっています。データー量と料金の仕組み、通話料金、通話オプションの内容と料金、それぞれ個性があります。 それを踏まえて、両社のプランはどのような条件に合うのかを説明し、結局どちらのプランがお奨めなのかを紹介と説明をしています。
周辺機器

BluetoothヘッドセットGlazata EC300のレビューお奨め度星4つ

Lazataから発売されているBluetooth ヘッドセット Glazata EC300 を実際に2カ月間利用したレポートです。 最大のメリットは音に関することです。逆に最大のデメリットは、LINE音声通話に関することです。 使用状況によっては、デメリットの方が大きいため、星1になる場合もあるでしょう。しかし、ビジネスシーンにおける使用になると、はっきり言ってとってもお奨めです。 その理由は、メリットがデメリットを大きく上回るからです。 そのメリット・デメリットをご覧ください。
Rakuten UN-LIMIT Ⅶ

0円じゃなくなったのに楽天UN-LIMIT Ⅶ のメリットは何?

「楽天モバイルの0円プランがなくなったことにより、楽天モバイルを利用するメリットはあるのでしょうか。」と、言うところから、使用した段階での楽天モバイルの現在のメリットとデメリットをお話しています。また、筆者の楽天モバイルの利用方法も紹介しています。
携帯料金

多くのMNPのタイミングは月の後半がお奨め!その理由と注意点を紹介

MNPなどを行う場合は、月の下旬ごろからの取り掛かりがお奨めです。理由は、多くの通信会社の場合初月は日割り計算でスマホの月額料金が請求されます。今まで利用してきた通信会社の料金と乗り換え先の日割り料金の両方が翌月に請求されるため、日割り計算の料金を少しでも少なくするためです。一方初月無料の通信会社もあります。この場合は、従来の通信会社の最後の料金と重なることはないため、月内にいつ乗り換えても大丈夫です。
格安SIM MVNO

HISモバイルの新プランのお奨めの人は?サブ回線としても使える?

HISモバイルから提供されている自由自在プランは、他社との比較をしても非常に月額料金が安く設定されています。1GBで550円、3GBで770円、7GBで990円の設定です。また100MBで290円と言うプランもあります。 100MBで290円のプランは、実際にはデーター通信に利用するには余にもデーター量が少ないため実用的ではありません。そのためどちらかと言うとサブ回線向きです。 しかし、今まで楽天モバイルが0円で提供してい来た1GBまでのプランが有料となったことにより、実質0円で利用できるプランはなくなりました。 そこで100MBで290円のプランを、いつ起こるか分からない通信障害等に備えて利用するか否かは、あなた次第と言ったところです。
サブ回線

サブ回線とは何?必要なの?サブ回線を使うならお奨めはどこ?

2021年のdocomoの通信障害を踏まえ、サブ回線の重要性が謳われています。その背景を考えた上で、今やライフラインとなった通信を、「自分の通信は自分で守る」と、言ったコンセプトからサブ回線の必要性をお話しています。また、サブ回線の利用に対して、「料金を極力掛けない」を念頭に置き、povo2.0と楽天モバイル、IIJmioの3社を紹介しています。