高速通信のFUJI Wifi docomoプラン 気になる通信速度体験と問題点

モバイルルーター
OCNモバイルONE

先回でFUJI Wifi の2020年7月からの新プランを紹介いたしました。

その中で個人的に非常に気になったのが、docomoエリアプランとauエリアプランでした。

特にdocomoプランにおいては、最も安くて30GBのデーター量が2,310円(税抜2,100円)の価格で利用できるということについては興味深々です。通常で考えると、docomoのデーター通信が30GBもあるのに2,310円(税抜2,100円)で利用できることは今までありません。

何しろ、docomoはSoftBankと比較すると、非常に高額なデーター通信料になります。そのため、MVNOもdocomo回線においては、「格安」という文字を付けるわけにはいきません。全く「格安」ではなくなってしまうのです。
それらを踏まえると、MVNOもデーター量の利用がヘビーなユーザーに対して、docomo回線の利用をSoftBank回線のように手ごろな安い料金で提供することは難しのです。

ところが、(何度も言いますが)docomoエリアプラン30GBで2,310円(税抜2,100円)で提供。「そんなことが可能なのか?」と、正直ショックでした。
そのプランが提供できる理由は、また後ほどお話します。

今回は個人的にも非常に気になるFUJI Wifi のdocomoエリアプランを契約してみました。その実際の利用についてレポートをしていきます。

通信速度に満足できた、FUJI Wifi docomoエリアプラン

 

今回利用したFUJI Wifiのプランは、「デポ込みコースのdocomoサービスエリア30GBプラン、SIMコース」です。

FUJI Wifiのコースでは、モバイルルーターをレンタルするコースと、モバイルルーターをレンタルしないでSIMカードのみ利用するコースがあります。

FUJI Wifiのプランやその内容に関しては、以下のページをご覧ください。

今回私が申し込んだのは、SIMコースです。送り届けられたのは、SIMカード本体は当然のこととして・アダプター・SIMカードケース一式・取り扱い説明書です。

私の場合は、保有している「Aterm MP02LN」にdocomoの30GBのSIMカードを挿入してiPhoneに接続して利用しています。

【FUJI SIM】 FUJI Wifi 公式ページはこちらから ⇧

通信速度実測結果

通信速度を測定したのは、平日の6:00台から22;00台において、私の自宅で測定しました。自宅は街から外れた郊外になります。しかし、ギリギリdocomoの高速通信圏内になっています。

測定には、docomoスピードテストと、SPEED CHECKの2つのアプリを利用しました。

その結果が以下のグラフです。

ダウンロード。アップロードの平均値は双方のアプリの数値は以下の通りです。

 ダウンロードアップロード
ドコモスピードテスト17.91 Mbps5.1 Mbps
SPEEDCHECK31.11 Mbps6.13 Mbps

 docomoスピードテスト・SPEEDCHECKの双方のダウンロードの速度の違いは大きいものがあります。

少なく見てもダウンロード時に17.91Mbpsであれば、すべてと言っていいほどのことがカバーできます。

混雑時の状況

混雑の時間帯については、上記のグラフを見ていただければ非常によくお分かりいただけると思います。

朝の混雑時とされる8時台は特にマイナスとなる変化はなく、逆に速度が上昇しています。

 

夕刻の混雑時18~19時台においては多少の減少は見られますが、それほど大きいものではありません。気になるのはSPEEDCHECKのPing値が123msになっていることぐらいです。

 

ところが、お昼の時間帯の落ち込みは、「やはりMVNO!」としか言いようがありません。お昼の12時台の様子は、グラフでも急激に落ち込んでいるように想像していた通りの結果が出ました。

 

この速度測定結果を踏まえると、FUJI Wifiのdocomoエリアプランは、非常にお薦めのプランとなります。そこにコストが絡んでくると非常にコスパの高いサービスになります。

しかし、現段階で速度がそれなりに出ているからと言って、即利用してみると良いとは言えません。

今回、FUJI Wifi を契約するにあたりしっておく必要がある問題点を「私がFUJI Wifi docomoエリアプランを契約した理由」を踏まえて次にお話します。

【FUJI SIM】 FUJI Wifi 公式ページはこちらから ⇧

今回私がFUJI Wifi docomoエリアプラン30GBを契約した理由

今回、私がFUJI Wifiのdocomoエリアプラン30GBを選んだ理由は3つ有ります。そう言う観点からFUJI Wifi のdocomoエリアプランの内容も紹介します。

まずdocomoエリアプランを選択した理由は以下の通りです。

  • docomo回線であること
  • docomo回線が30GBで2,100円から利用できるプランがあること
  • 自分の使用するデーター量が30GBのデーター容量内で収まること
  • Rakuten UN-LIMITのパートナー回線の通信制限1Mbpsに飽きていた

その内容をお話します。

docomoの回線であること

現状、世間において最も称賛されているモバイルルーターは、WiMAXです。私も以前にWiMAXを利用していました。

しかし、私の住んでいる地域は、UQ WiMXのエリアマップでは十分に利用可能地域になっています。しかし、実際のところは自宅の付近はWiMAXの利用は可能ですが、北に1Kmほど行ったところから先は全くルーターが電波を拾わなくなります。市内の幹線道路は市の中心になるような交差点に、私が契約中にやっと基地局が設定されました。しかしそれ以外は、隣接する街の境までルーターは×印を表示しています。

そんなWiMAXでしたので、実際に使うとなると非常に不便がありました。そんな理由で繋がるサービスを求めていました。

やはり通信がつながるということを考えるとdocomoのサービスになるという見解から、docomoで既存データー通信用のサービスを探しました。しかし見つかりません。

次に自分でモバイルルーターを用意して、利用するSIMカードだけを契約できるシステムを探していました。そこでFUJI Wifi のdocomoエリアプランと出会ったわけです。

この部分では問題はありません。

docomo回線が30GBで2,100円から利用可能

今回、FUJI Wifi の利用をするか否かを迷ったのは、以下の部分です。

本当に大丈夫か、低料金で30GBのデーター量

比較的MVNOの場合、低料金で提供されている通信サービスの場合は通信速度が遅いというのが大筋の前提です。
「月々の料金が高くなるにつれ通信速度が比例して早くなる」と、いうのが流れのようなものです。

冒頭でもお話したように、「docomoの回線が30GBもデーター量が使えて2,310円(税抜2,100円)」、あるいは「12GBのデーター量なら1,408円(税抜1,280円)から」と、なるとあり得ないというのが第一印象です。「よほど通信速度が遅いのでは?」と、いう感想しかありませんでした。

【FUJI SIM】 FUJI Wifi 公式ページはこちらから ⇧

MVNEを介しているdocomoエリアプランとauエリアプラン

FUJI Wifiのdocomo回線とau回線のサービスは、直接2社のキャリア(docomo、au)と提携しているものではありません。
MVNE(仮想移動体サービス提供者)という事業者を通してサービスの提供を行っています。

FUJI WifiのdocomoとauエリアプランのMVNEは、BIGLOBE(ビッグローブ)になります。MVNOや光回線などの提供を行っています。

システムの全貌は、docomoとauと直接契約をしているのはBIGLOBEになります。そしてBIGLOBEがキャリア2社と契約した回線を、今度はBIGLOBEが回線提供者となりFUJI Wifi にキャリア2社のデーター通信容量を提供します。
従って、FUJI Wifiは回線使用料金をキャリアに支払っているのではなく、MVNE(BIGLOBE)に支払っています。つまり、BIGLOBEとFUJIWifi 間の契約で決まった料金はキャリア2社に支払う料金よりも非常に安いため、各安値で一般ユーザーにデーター容量を提供できるのです。

一方データー量は、キャリアからBIGLOBEが回線提供を受ける場合、キャリアのMVNOに回すことができる部分からBIGLOBEに決まった分だけ切り売りされます。そして2次的にBIGLOBEがキャリアから買い受けたデーター量の中から、FUJI Wifiに対して切り売されます。そうすると、徐々に通信回線そのものが細くなります。

このようなシステムでFUJI Wifi のdocomoとエリアプランは成り立っています。

通信回線が細くなるにつれ、契約者が多くなると通信が混雑安くなるので通信速度が遅くなる。これでは、なおさらdocomoやau回線の通信速度は保証されないかもしれないと考えました。

このような状態であるため、当初はFUJI Wifi の利用は、考えていませんでした。

プラン発売の初期は、通信速度が速い

一転してFUJI WIfi ドコモエリアプランを「買い」に転じたのは、このプランがまだ発売されたばかりで、利用者数が少ないと考えたからです。

データー通信速度についてよく例を挙げられるのが高速道路です。データー通信という高速道路に、利用者が多く集まってくると混雑が始まり、データーの通信のスピードが遅くなってきます。

それを逆手にとって、できたばかりの道路はまだ認知されていないので交通量も少ないです。それと同じで、まだ発売されたばかりのサービスは、認知度が低いため利用者も少ないだろう。だから、通信もそれほど混んでいないので遅くはないだろう。と、考え方を変えた結果、FUJI Wifi docomoエリアプランを利用してみることにしました。

docomoエリアプランは、FUJI Wifi のおすすめプランか?

実際のところ、私は1週間ほどdocomoエリアプランを利用してみました。
その中で特に動画視聴、アップリのダウンロード、通信ゲーム等、データー量の重いものを中心に行ってみました。

感想は、「行ける!、使える!」の一択です。

特に通信時にiPhoneの画面に丸印がクルクルと回っていることは、まったくありませんでした。

現状では、何も問題はありません。コスパを考慮すると絶好のおすすめプランです。

ただ、少し心配しているのは、このように「FUJI Wifi のdocomoエリアプランは使える」と紹介した場合多くの方が利用するようになると、それなりに通信が混雑して速度が落ちる可能性が大きいということです。

ただ、現段階ではRkuten UN-LIMIITが1年間料金無料のキャンペーンを行っています。楽天の自社回線でデーター量使いたい放題が利用できる方は、あえてFUJI Wifiに乗り換えせずRakuten UN-LIMITを利用されることをお勧めします。

Rakuten UN-LIMITをパートナー回線で利用の方は、私のように1Mbpsの通信制限が我慢できないようだと、乗り換えるのもありかもしれせん。

こういう機会はなかなかないものですから、自分のデーター量の使い方を考えるのには良い機会かもしれませんね。

【FUJI SIM】 FUJI Wifi 公式ページはこちらから ⇧