FUJI wifi より驚きの安さの料金と3キャリアのプランが提供!その内容を紹介

モバイルルーター
OCNモバイルONE

今月、FUJI Wifiより新しい料金プランが発売されました。

今までのFUJI Wifiは、SoftBank回線のみであったのですが、2020年7月よりdocomo、auの回線も利用できるようになりました。

そして、コスパがとても良いことが理由です。

但し、通信速度につては、解かりません。FUJI Wifi のSoftBank回線の速度については一定の評価がありますが、docomoとauに関しては取り扱いが始まったばかりなのでまだ評価がありません。

そう言う事で今回は、FUJI Wifiのプランの紹介から、「契約時における注意点」を紹介します。注意点と言っても、「危ないぞ!」、「慎重に!」とかそういう事ではなく、事前に知っておく方が良いことをお話します。

FUJI Wif の会社紹介

FUJI Wifi を運営している会社は、株式会社レグルスと言います。

メイン業務は、「人材派遣業」になります。人材派遣業と両立させてモバイルWi-Fiルーターのレンタル業務を行っています。

社名
株式会社レグルス
設立2010年9月
代表者
代表取締役社長 舟倉 圭一
本社
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町5 早稲田駅前ビル4F
資本金30,000,000円
事業内容
人材総合サービス事業
【FUJI SIM】 FUJI Wifiの公式ページはこちらから ⇧

FUJI WifiとFUJI FUJI SIMの違い

FUJI Wifiは、「モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス」の事を指しています。一方、FUJI SIMと呼ばれるのは、FUJI wifiのSIMカードを借りる契約コース(いわゆるSIMプラン)の事をいいます。

今回、FUJI Wifi としてプラン全体の紹介をしています。特にFUJI WifiとFUJI SIMの区別を設けていません。従って、FUJI WifiとFUJI SIMは同じものを示しているとお考え下さい。

FUJI Wifiの新プランの内容

一般にモバイルルーターを貸し出したりするような事業者が行っている、「契約期間に関する縛り」、それに対するペナルティーのような「契約解除金」などは、FUJI Wifiの場合は発生しません。

しかし、一部の考え方によると「縛り」と理解されるところもあります。

その辺りを含めて、FUJI Wifiの新しいプランを見ていきましょう。

サービスプランは2つ

FUJI Wifiのプランは、大きく分けて2つのプランがあります。

ルータープランとSIMプランです。ルータープランは、FUJI Wifi 契約においてモバイルルーターも一緒にレンタル契約をするプランです。
ルータープランには、Cloud SIMを利用するコースもあります。

一方、SIMプランは、先ほどのFUJI SIMのことを指します。モバイルルーターをレンタルしないSIMカードのみの契約になります。
SIMカードを利用する機器は、自前のモノを利用することになります。

マルチキャリアプラン

ルータープランにおいて提供されているCloud SIMを利用するコースとして、マルチキャリアプランがあります。

このプランはCloudSIMを利用するため、docomo、au、SoftBankの回線が利用できます。
SoftBankの回線においては、SoftBankの直接回線になります。docomoとauの回線においては、MVNOと言う立場から提供されます。

マルチキャリアプランのメニュー

マルチキャリアプランには2つのメニューが用意されています。

毎日10Gギガプランと毎日5GBプランです。これらのプランは、1日の中で10GBを上限としてデーター量を使う場合と、1日の中で5GBを上限としてデーター量を使うメニューです。

その日の利用データー量が10GB、あるいは5GBを超過すると、その段階で回線停止状態になり、翌日の0時に回復します。

このプランの特徴は、毎日10GBギガプランだと1ヶ月で約300GBのデーター量の利用が可能であり、
5GBプランの場合は、1ヶ月につき約150GBのデーター量の利用が可能になるということです。

この2つのプランには、Cloud SIM専用のモバイルルーターが必要になります。

従って、ルータープランにはこのコースを設けてありますが、SIMプランにはこのコースはありません。

通常コースとデポコミコースの違い

ルータープラン(マルチキャリアプランも含む)とSIMプランにおいては、2つのコースが用意されています。
通常月々コースとデポコミコースです。

通常コースは、割引等が無いコースです。特典等もありません。

デポコミコースは、契約申し込み時にデポジット料金5,500円(税抜5,000円)を支払います。それにより、解約までの期間常に通常コースの月額料金よりも500円の割引が行われす。

デポジット料金においては、12か月後まで利用された場合は全額返金されます。通常コースから500円の割引においても、デポジット料金の返金以後も適応されます。

尚、デポジットに関しては大きな注意点があります。もしあなたがFUJI Wifi のデポコミコースを考えているのなら、重要なことです。

12ヶ月未満でのご解約、プラン変更をされた場合はデポジット料金の返金はございません。

解約をした場合は何となく理解できるのですが、プラン変更の場合もデポジットの返金は無いということです。

理由はFUJI Wifi の場合プラン変更をすると、一度解約をしなければならないことになっているからです。

「プラン変更 = 解約」と、イメージして下さい。

このデポジットが、先ほど述べた「縛り」と、解釈されるところです。

「1年後にはまるまる返金されるが、そのためには1年間止められない」と、言ったところです。

デポジットとして支払った5,500円(税抜5,000円)においては、どのように考えるかは難しいところです。

気になる月々の料金はおいくら

ルータープラン

マルチキャリアプラン通常コースデポコミコース
毎日10GBプラン5,995円(税抜5,450円)
5,445円(税抜4,950円)
毎日5GBプラン4,895円(税抜4,450円)
4,345円(税抜3,950円)
 プラン通常コースデポコミコース
SoftBank
100GB4,895円(税抜4,450円)
4,345円(税抜3,950円)
50GB3,740円(税抜3,400円)
3,190円(税抜2,900円)
30GB3,410円(税抜3,100円)
2,860円(税抜2,600円)
docomo30GB3,410円(税抜3,100円)
2,860円(税抜2,600円)
au30GB3,410円(税抜3,100円)
2,860円(税抜2,600円)

SIMプラン

 プラン通常コースデポコミコース
SoftBank
100GB4,290円(税抜3,900円)
3,740円(税抜3,400円)
50GB3,190円(税抜2,900円)
2,640円(税抜2,400円)
20GB2,310円(税抜2,100円)
1,760円(税抜1,600円)
10GB1,628円(税抜1,480円)
1,079円(税抜980円)
docomo
30GB2,860円(2,600円)
2,310円(税抜2,100円)
12GB1,958円(1,780円)
1,408円(税抜1,280円)
au
30GB2,860円(2,600円)
2,310円(税抜2,100円)
12GB1,958円(1,780円)
1,408円(税抜1,280円)

SIMプランのSIMカードは、音声通話機能については対応していません。データー通信専用のSIMカードになります。

【FUJI SIM】 FUJI Wifiの公式ページはこちらから ⇧

申し込み時に掛かる料金

月々の支払いに関する料金は、お解りいただけたと思います。
では、申し込み時などに掛かる料金についてお話します。

申し込みに掛かる料金の内容

申し込み時に支払う料金は以下のものです。

  1. 事務手数料 
  2. 翌月分の月々の料金
  3. 当月分の月々の料金
  4. 「安心サポート Premium for SIM」の料金(SIMコースの場合)
  5. デポジット料金(デポコミコース)の場合

多く支払う場合、以上の5点の支払いが必要になります。では、追ってみてみましょう。

1、事務手数料

初回または追加としてのお申し込み時に掛かる、契約事務手数料です。

ルータープラン、SIMプランどちらも3,300円(税抜3,000円)です。

2、当月・翌月分の料金

FUJI Wifi の契約月の料金は、他の事業社とは少し違いがあります。

通常、申し込み月は開通日や利用日に合わせて、料金は日割り計算が行われます。

しかし、FUJI Wifi の場合は、日割り計算は行われません。

申し込み日による当月の利用料金の違い

その月(申し込み月)の1日~15日までに当月利用で申し込んだ場合、1ヶ月間の料金に支払いが必要になります。
その月(申し込み月)の16日以降の申し込みは、1カ月間の料金の半額がその月の利用料金として徴収されます。

もちろん、翌月1日からの利用を選択することも可能です。その場合は、その月(申し込み月)の料金は徴収されません。
また、申し込み月の利用もできません。

従って、初回申し込みにおいては、申し込み月からの利用であればその月の分の料金と、翌月分の料金の2カ月分が徴収されます。
翌月からの利用であれば、翌月分の利用料金のみが徴収されます。

商品の発送・到着

申し込み月からの利用の場合、本人確認等の作業を含め、通常最短で2営業日を必要としています。

翌月からの利用の場合は、利用開始月の1日にお届け先に届くように可能な限り手配するということです。

3、「安心サポート Premium for SIM」の料金(SIMコースの場合)

SIMコースを選択した場合、「安心サポートPremium for SIM」と言う、オプションが強制加入になっています。料金は300円です。これは、申し込みの段階では削ることが出来ません。

ルータープランにも「安心サポート」275円(税抜250円)と「安心サポートPremium」440円(税抜400円)の補償オプションがあります。しかし、ルータープランの場合は、強制加入でありません。

通常に考えてもあまり必要のないオプションです。解約は、翌月から可能です。最短での解約は、翌月の15日までに行うとその月までのオプションになります。しかし、15日を過ぎてからのオプション解約は、もう1ヶ月分の料金を徴収されます。

SIMコースを選択した方で「安心サポート Premium for SIM」のオプションが必要でないと判断する方は、月が変わればすぐに解約しましょう。

解約は、マイページから「安心サポート確認・変更」から行います。

4、デポジット料金(デポジットコース)

申し込みの時点でデポジットコースをもうし込んだ場合、5,500円(税抜5,000円)が徴収されます。

デポジットの料金においては、12か月後にデポジット料金を支払ったクレジットカードに返金されます。

【FUJI SIM】 FUJI Wifiの公式ページはこちらから ⇧

結局初回申し込み時にかかる料金

FUJI Wifi の場合、コースやプランが多いため全部を紹介するのは難しいです。しかし、いくつかシュミレーションをしてみます。料金は税込料金です。

ルータープラン 通常コースの場合

SoftBankの50GBを15日以前に当月利用で申し込んだ場合。

SoftBank 50GB
契約事務手数料¥3,300
15日前利用料金¥3,740
翌月料金¥3,740
合計¥10,780

docomo 30GBを16日以降に当月利用で申し込んだ場合

docomo 30GB
契約事務手数料¥3,300
16日以降利用料金¥1,705
翌月料金¥3,410
合計¥8,415

ルータープラン デポコミコースの場合

au 30GBを翌月からの利用で申し込んだ場合

au 30GB
契約事務手数料¥3,300
16日以降利用料金¥0
翌月料金¥2,860
デポジット¥5,500
合計¥11,660

SIMプラン 通常コースの場合

SoftBank 50GBを16日以降に当月利用で申し込んだ場合 

SoftBank 50GB
契約事務手数料¥3,300
16日以降利用料金¥1,595
翌月料金¥3,190
安心サポート¥330
合計¥8,415

SIMプラン デポコミコースの場合

docomo 30GBを翌月利用で申し込んだ場合 

docomo 30GB
契約事務手数料¥3,300
16日以降利用料金¥0
翌月料金¥2,310
安心サポート¥330
デポジット¥5,500
合計¥11,440

au 12GB 15日以前に当月利用で申し込んだ場合 

au 12GB
契約事務手数料¥3,300
15日前利用料金¥1,408
翌月料金¥1,408
安心サポート¥330
デポジット¥5,500
合計¥11,946

全体の支出を比較すると、デポ込コースの方が1万円を超える金額になってしまいます。

初期費用としては、1万円を超えるとなると少し出費は大きくなってしまいます。
しかし、月々の通信料金が550円安くなることと、デポジットとして1年後に5,500円が返却されることを考えると1年後に元を取り返すということになります。
この部分に関しては、あなたのお考え次第ですね。

 

FUJI Wifiの公式ページはこちらから ⇧

お申し込みはWebから

FUJI Wifi のお申し込みは、24時間受付のWebからのお申し込みになります。

お申し込み自体は、個人情報等を入力します。但し、初回の申し込みにおいては「本人確認書類」が必要になります。

本人確認書類に有効なのは、運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、保険証、在留カードになります。

この中でも補助書類が必要なのは、パスポート、保険証、在留カードです。

また、これらの書類に関しては、契約者本人の「名前」「現住所」「発行元」「発行日」が印字された追加書類が必要となります。

補助書類として有効なのは、以下の書類です。

  • 公共料金領収書(電気、ガス、水道)
  • 住民票
  • 官公庁発行の印刷物
  • 公的機関より送付された郵便物
  • 通信事業者より送付された郵便物

これらの書類は、発行時から3カ月以内のモノとなります。

お支払い方法

お支払い方法は、クレジットカード払いと、コンビニ払いがあります。

クレジットカードの場合

支払いにおいては、毎月25日に翌月分の決済となります。

以下のクレジットカードが利用できます。

クレジットカード

デビットカード、プリペイドカードの支払いは受け付けていません。

コンビニ払い

「atone(アトネ)」と、言うアプリを利用してコンビニの支払いを行います。

コンビニにおいて「atone」に対応しているのは、現在のところローソンとポプラの2社が紹介されていました。

まだ、その他のコンビニは導入されているのかどうか不明です。

FUJI Wifi の格安なプラン まとめ

FUJI Wifi の新プランを、月額料金と初回支払い料金を中心に紹介しました。

これに通信速度が備われば、最強のモバイルルーターになります。

実際のところdocomoとau回線については、今月からスタートしたばかりなので、正直なところ通信回線の速度は全く見当がつきません。

しかし、SoftBank回線に関しては、FUJI Wifi は以前から販売していました。その口コミから見ても通信速度が遅いという意見もありますが、多くは「それなりの速度が出ている」と、言う意見が多くあります。

現状、docomo、auの通信速度がわからない状態なので、もしFUJI Wifiを考えている方は、SoftBank回線をお勧めします。

ルーターをレンタルするプランを選択しても、これほどの安さは今のところないですね。

【FUJI SIM】 FUJI Wifiの公式ページはこちらから ⇧