RakutenBigをデュアルSIM対応とe-SIMの使い方を勘違いした理由

スマホ
OCNモバイルONE

こんにちは!西北院です。

今回、Rakuten Big を購入したことで、e-SIMの有効的活用をいろいろ考えていました。理由は、Rtakuen Big は、e-SIM対応のみの端末だからです。

巷ではe-SIMが、私達のスマホライフに徐々に浸透しています。
私達へのe-SIMの浸透してきた原因の一つに、e-SIM対応のスマホが、iPhoneをはじめAndroidでもGoogle の端末が多岐にわたり製造販売されていることにも因ります。

そんな中でe-SIMをRakuten Big で利用することにより、便利で安全で尚一層の格安な手段が確立できると期待大でした

ところが現実は、思っていたのとは全く違いました。思っていたほどの効果は上がらず、現実的には無理が生じる結果になりました。

私は、「Rtakutn Big でe-SIMを使う」と言うことに対して、大きな勘違いをしていました。

その勘違いとは、Rakuten Big をデュアルSIMであると勝手に認識し、e-SIM専用端末はデュアルSIMのDSDAの使いかたが可能と考えてしまったと言うことです。
ご存じの方からすれば、「何を考えているのか」と、思われるかもしれません。
そうでない方は、「何を言ってんの?」と、思われるかもしれませんね。

そこで今回は、e-SIMの利用方法を中心に、筆者が大きな勘違いをしたことにより学習したことをお話します。

もちろん「e-SIMって何?」からお話を始めます。

e-SIMって何?

e-SIMの解説は、従来から利用されているSIMカードを基本にしてその違いをお話します。

SIMカードの特徴

一般的に私達のスマホは「SIMカード」と、いうものが端末本体に挿入されることにより、音声通話とデーター通信が可能になります。
このSIMカードに書き込める通信会社の情報は、一社一回線です。

例えばあなたがdocomoのプランを契約した場合、そのSIMカードにはdocomoの契約プランの情報のみが書き込まれています。
他のキャリアやMVNOのプランの情報は書き込むことができません。

仮にauやSoftBank、あるいはMVNOと別に契約をしその回線を利用する場合は、利用するSIMカードを手動で入れ替えを必要とします。(デュアルSIM対応の端末であれば、切り替えだけで利用可能)

なにぶん昭和感漂う旧式のような手段ですね。

e-SIMの特徴

一方e-SIMは、予め端末(スマホ)に内蔵されたSIMに、SIMカードに記載しているのと同じ情報(利用する通信会社やプラン、あなたの電話番号を含む個人情報等)をQRコードを利用して読み込ませるSIMです。

QRコードを読み取るだけの前提で2つの大きな特徴があります。

申込から利用までの時間が短い

通信会社のシステムにも因りますがe-SIMの申し込みを行った場合、最大で15~20分ほどの時間で登録したメールアドレスにQRコードが送信されます。

それを端末で読み取るだけで使えるようになります。(端末によるとAPN設定も必要)

従来のSIMカードの場合であると、申し込みをしてから手元にSIMカードが到着するまでに最低でも1日は掛かります。

e-SIMの場合は、SIMの到着の待ち時間が多くても数十分で済むということです。

複数の回線の利用が可能

前述の通りSIMカードは通信会社の情報を一社一回線しか利用できませんが、e-SIMの大きな特徴は複数の通信会社の情報を書き込むことができ利用できます。
つまりe-SIMに対応してる通信会社のプランを2社3社と増やしていくことが可能です。

また複数の通信会社の契約をSIMに書き込むことで、その都度自由に契約した通信会社を乗り換えることも可能です。

例えば、SoftBank提供のLINEMOをe-SIMプランで契約しているが、20GBのデーター量では足りないので、IIJmioのe-SIMのデータープランも契約した。
LINEMOで20GBのデーター量を使い切ったので、IIJmioeのデータープランの利用に切り替える。このような使い方です。

何分SIMカード式よりもe-SIMの方が、使い方は非常に便利ではあります。

私が勘違いしたこと①Rakuten BigはシングルSIM端末

e-SIMの特徴をお話をしてきました。この特徴は、言い換えればe-SIM利用のお奨め点でもあります。
「e-SIMはいいよ!」とか「e-SIMを使うととても便利だよ」と、言った内容になりますね。多くの説説明なども以上のような内容がほとんどです。

ところが実際にRakuten Big を使ってみて、e-SIMの特徴を有効に生かせる方法は端末にもよるということがわかりました。

私はRakuten Big におけるe-SIMの利用方法を勘違いしたために、一部予定通り利用することができませんでした。
それについては以下の部分でお話します。

Rakuten BIG はシングルSIMの端末であった

楽天モバイルのオリジナル端末(Rakuten BIG s、BIG、Hand、Mini)は、4機種ともにすべてe-SIMのみの対応端末です。
そしてすべてシングルSIMの端末です。デュアルSIM対応の端末ではありません。

では、デュアルSIM端末は一体何か、DSDAとは何かということをまず少し説明します。

デュアルSIM端末とは

デュアルSIM端末とは、2種類のSIMカード等が挿入できる端末の事を言います。等と言うのはSIMカードだけではなく、e-SIMも含まれるからです。

現在はiPhone やGoogle Pixel などが、SIMカードスロット(SIMカードを挿入するところ)を1つe-SIMのスロットを1つと、言ったような状態で端末を販売しています。
それぞれのスロットは独立しています。従って、音声通話やデーター通信においては2回線を1つの端末に入れることが可能です。

但しデュアルSIM端末にも製造状態から4つの種類に分類されます。最もレベルが高く取り入れられているシステムは、DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)という方法です。

DSDAとは

DSDAはデュアルSIMの中では、現在最高のシステムを持っています。
DSDAは、2枚等のSIMカード(片方がe-SIMの場合も含む)を挿入したとしても、双方の電話番号に着信があっても切り替えなしで通話が可能です。

片方のSIMが通話中であったとしても、もう一方のSIMでデーター通信が可能であるシステムです。TwinでSIMが利用できるのは、DSDAのデュアルSIMのみです。

また、双方のSIM共に4G回線が利用できます。

どの様に勘違いをしたのか

先述したようにe-SIMのシステムは、複数の通信会社の回線をインストールして利用することが可能です。
そこで私が利用しようとしたのは、次の通りです。

まずRakuten UN-LIMIT Ⅵ を契約して音声通話のみを利用しています。Rakuten Link を使うと通話料金は指定されている通話先以外は、無料で時間制限・回数制限なしで利用できるからです。

一方、データー通信は0GB~1GBの間の使用データー料金は0円です。しかし1GBを超えると、1,078円の料金が掛かります。
データー通信を0円にするためにデーター使用量を1GB以内に抑えると言うのは、少しばかり厳しいかもしれないと考えました。そこでデーター通信における部分はIIJmio の2GBのe-SIMプラン(月額料金440円)を利用しすることにしました。

従って、Rakuten Link を利用しているときは当然ですが、利用していないときも含めデーター通信におけるデーター量の消費は、楽天モバイルの回線を利用せずIIJmio の回線を利用することにしました。

ここが勘違いでした。

いくらe-SIMのシステムが導入されているからと言っても、所詮Rakuten BIG はシングルSIMの端末です。楽天モバイルとIIJmioの2つの回線を同時に使うことはできません。

私の勘違いは、e-SIMオンリーの端末であるのにもかかわらず、デュアルSIM対応端末と同じように使えると勝手に判断し、しかも、そのデュアルSIMの働きは、DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)と同じように働くと、一方的に考えていました。

私が勘違いしたこと② e-SIMをダブルで同時に利用することを考えていた

次にe-SIMの使い方においても勘違いをしていました。やはり Rakuten BIG をシングルSIMとして認識していないかったことも原因です。

その勘違いは次の通りです。
楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵ は、前述した通り音声通話での利用を考えています。

そしてIIJmio のは、データー通信での利用を考えていました。

これを同時に利用を考えていました。データー通信中においても着信があれば、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ で取ると言うことです。

同時利用ができなかった状況と理由

まず、個人的や仕事上における着信ができないと困るという観点から、Rakuten UN-LIMIT Ⅵ の回線を起動させています。

そして、データー通信を利用するときにはIIJmio の回線に切り替えていました。理由は先ほども述べた通り、楽天モバイル回線のデーター量の消費を抑えるためです。

ところが、当然ですがRakuten UN-LIMIT Ⅵ の回線電話番号と、IIJmio の回線電話番号は全く違ったものになっています。

基本的なことですが、IIJmio の回線でデーター通信を行っている間は、UN-LIMIT Ⅵ の回線は端末と接続されていないため、通話着信があってもそれを拾うことはできません。
また余談ですが、IIJmio のe-SIMプランは音声通話サービスは対応していません。仮に音声プランが利用できたとしても、Rakuten Link による使用はできません。

要するに、IIJmio を利用している間は電話ができないということです。

と、言うことで Rakuten BIG によるe-SIMのダブル使用は諦めました。

Rakuten BIG をデュアルSIM対応とe-SIMの使い方を勘違いした理由 まとめ

今回、私が勘違いをしてしまったことは、あまりにも初歩的なことで非常にお恥ずかしいお話です。

少しと言うか、ちょっと考えると分かることでしたが、Rakuten BIG がe-SIMオンリーの対応端末であるということで、「あれもこれもできる」と、期待を抱き過ぎたようなところが発端です。

私が目指していたような使い方をするのであれば、e-SIMの部分だけでもデュアルSIM対応になっている必要があります。その上でDSDAなどの機能を搭載している必要があります。

しかし、現在ではe-SIMだけの端末でデュアル使用になっているスマホは販売されていません。

今後そのような端末が製造販売されることを期待しています。