【HISモバイル】使っただけの従量制プランはスマホ料金が安くなるその秘密

従量制プラン
OCNモバイルONE

こんにちは!西北院です。

今日、テレワークや在宅などの言葉は、普通に耳にするようになりました。そこでよく言われるのが、家庭にWi-Fi設備を設置する方が増えたということです。

あなた自身やあなたのお知り合いの方でも、ご自宅にWi-Fi設備を準備されたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

テレワークや在宅の理由でWi-Fi環境を家庭に導入した場合、家族みんなでスマホの契約データー通信を利用せずほっとんど無制限状態でWi-Fiを利用することができます。

そうなると、スマホに契約している大容量のデーター量は必要なくなります。そのデーター量を抑えることにより月々のスマホ代が非常に安くなります。
そのデーター量を抑える方法が、「従量制プラン」を使う(契約する)ことです。

今回は、そのデーター量を抑える「従量制プラン」はどんなプランなのかをお話します。

尚、特に表示のない限り記載しています料金に関しては税抜き表示とさせていただきます。

従量制プランはどのようなプラン?

従量制プランとは、先ほども言いましたが「使った分だけの料金を支払う。」と、言ったプランです。
その反対に、現在多くの方が通信会と契約しているプランは、定額プランと呼ばれています。

多くの方がご存じの通り定額プランは、月々のデーター量の契約料金が一定に保たれ増減がありません。その代わり、予め契約したデーター量しか使えません。(データー量を補充するなどの場合は別ですよ。)データー量を使い切ると、データー量を補充しない限り通信制限がかかり低速通信となります。通信速度が非常に遅くなり、検索や閲覧などの利用が非常に難しくなります。

また定額プランの場合は、データー量を補充する場合も1GBのデーター量のお値段は、安くても凡そ500円ほどの料金になります。(ちょっと前までは、1GBにつき1,000円が相場でした。)

しかし、従量制プランの場合は、基本データー量はあります。その基本データー量を超えても通信制限がかかることはありません。使いたいだけ使いこなすことも可能です。
なぜなら「使った分だけの料金を払う」からです。

ここでお尋ねします。あなたの従量制に対するイメージはとはどんなものでしょう。
恐らく「青天井で使用できるので、請求額が非常に高額になってしまう」と、いうイメージを多くの方がお持ちなのではないでしょうか。

スマホの料金に関しては、現在の従量制プランは非常に安心して利用できるプランです。どれほど安心して利用できるかを、今回は「H.I.S.モバイル」の従量制プランから見ていきます。

H.I.S.モバイルの従量制プラン

HISモバイル 従量制プラン料金
GB料金
3¥2,480
4¥2,730
5¥2,980
6¥3,230
7¥3,480
8¥3,730
9¥3,980
10¥4,230
11¥4,480
12¥4,730
13¥4,980
14¥5,230
15¥5,480
16¥5,730
17¥5,980
18¥6,230
19¥6,480
20¥6,730
21¥6,980
22¥7,230
23¥7,480
24¥7,730
25¥7,980
26¥8,230
27¥8,480
28¥8,730
29¥8,980
30¥9,230

HISモバイルの従量制プランは、2,480円で3GBのデーター量が利用できるところからスタートします。その後、1GBにつき250円づつ料金が加算されていきます。
利用できるデーター量は、最大30GBまでとなっています。

実際のところ凡その格安SIM(以後、MVNOと称します。)は、3GBでは1,400円~1,600円という料金がほとんどです。
と、なるとHISモバイルの2,480円/3GBという料金は、約1,000円ほど高いのが事実です。

また、1GB当たりのに加算されていく料金は、250円となりますがそこはそれほど高いという金額ではありません。他社と比較すると1GB足り50円ほどの上乗せになります。

一説によると、昨今のコロナ禍の状態以前の人気データー量(ギガ)のプランは、6GBあるいは7GB当たりであったそうです。しかし、コロナ禍の時代、テレワークや在宅業務あるいは授業と言ったように、あまり外出先でデーター量を利用することが少なくなった現在は3GB当たりが最も人気のあるデーター量と言われています。
但しこの場合は、家庭などにWi-Fi設備が整っていることが前提になります。

さて、このような状況を踏まえて、HISモバイルの従量制の料金を見ると3GBでは2,480円、4GBでは2,730円となります。決してそれほど高い料金ではありませんね。
また、6GBでは3,230円、7GBでは3,730円となりこちらも驚くほどの高額料金ではありません。
10GBになると4,000円をオーバーするため、「ちょっとお高いな!」と感じるかもしれませんね。

              HISモバイルの詳細は⇩のページにてご覧ください

HISモバイル、従量制プランは安心!

先ほども申しましたが、確かに従量制プランは使いすぎるとどこまでも使ってしまうプランです。HISモバイルの場合、従量制プランの上限は30GBまで利用できます。従て、9,230円までが最大料金になります。

せっかく格安SIMに変更して月々の料金が安くなったと思いきや、ついついデーター量(ギガ)を使いすぎて料金が高くなってしまっては元も子もありません。
そんな状態を防ぐためにHISモバイルには、リミッターが設けられています。

事前に月々のデーター利用料に対して、自分でリミッターを設定します。リミッターを設定されたデーター量(ギガ)は、それ以上の利用はできません。そうなると、低速通信の利用制限が適応されます。

また、毎月リミッターを設定した通りにデーター量が利用できれば問題ないのです。たまたま外出が多くなってしまった場合などには、データー量(ギガ)の使用量も増える場合もあります。
そんな時は、随時リミッターの設定を上げることも可能です。
データー量が15GB未満の場合にリミッターの上限を上げる場合は10分ほどの時間がかかります。

現在はHISモバイル以外の各社においてほどんどの従量制プランは、使い過ぎ防止のためのリミッターが設けられています。ですからお子様への従量制プランの利用も可能になります。       

HISモバイルの従量制プランの料金の秘密

さて、HISモバイルの料金は、先ほども申し上げた通り2,480円/3GBからのスタートになります。3GBを超えた場合は、1GB/250円が加算されていきます。

しかし、この料金は月々のお支払い料金はデーター量(ギガ)を3GB以内に抑えると、特別なオプションを利用しない限り2,480円の消費税の料金で終わります。

その理由はこのプランが、「かけ放題」プランだからです。
通常に私達が電話を掛ける場合、「○○分かけ放題」のオプションを利用した場合、800円台のオプション料金が月々加算されます。その後○○分を超えると、30秒につき10円などの料金がかかります。オプションを利用しない場合は、30秒につき20円の通話料金がかかります。

また、10分かけ放題と言っても、10分はすぐに過ぎてしまいます。気が付くと20分や30分は軽く過ぎてしまうでしょう。そうなると通話料金も徐々に上がっていきます。

このプンランは、通話料金は月額2,480円/3GBの中に組み込まれていると考えてもよいです。ですから特に通話を楽しむことが多い方にはバッチリのプランです。特にそうでない方にも通話料金のことを気にせずに気軽に通話を利用することができプランです。

HISモバイルの「かけ放題プラン」についての詳細は、以下の記事を参照ください。

HISモバイルの従量制プラン まとめ

HISモバイルの従量制プランは、確かに3GBのスタート料金(2.,480円)を他社と比較すると多少高く設定されています。また、1GBにつき250円と言う料金もそんなに安いとは言い切れません。

しかし、通話料金がかからない「かけ放題プラン」であるため、ご家庭や職場のWi-Fiを利用されるであればそれほどデーター量(ギガ)の利用も少なくなり追加データー量を低くコントロールすることも可能です。
使い過ぎ防止のリミッターも個人の使い方に合わせて設定できるので安心です。

スマホの利用が通話重視や通話も楽しみたい方、また、月々のスマホ代を安く安定させたい方には、是非お勧めのプランです。

一度検討をおすすめします。

              HISモバイルの詳細は⇩のページにてご覧ください