FUJI Wi-fiを4か月間使ってみたことをレポート!

格安SIM MVNO
OCNモバイルONE

2020年7月に契約をし、8月から新しくFUJI Wi-fiを利用しだしてから4か月が経過しました。

契約当時は、皆さんと同じようにいろいろ不安がありました。
例えば、「通信速度が遅かったりしたらどうすしようかな」とか、あるいは「本当に提示されている料金で普通に利用できるのか」、「値段相応のサービスでないか」、また「サポート体制はどうなっているのか、しっかりと対応をしてくれるのか」など、使ってみてわからないことがそれなりにありました。
そこで「使ってみなければ良し悪しがわからない。ダメで元々、良ければ儲け物」と、言った感じで思い切ってプラン発売当初申し込みました。

今回そんな4か月FUJI Wi-fiを利用した見地から、FUJI Wi-fiの利用に関する事実と感想を正直にお話します。

FUJI Wi-fiの回線は、SoftBank回線を中心にdocomoとauの回線も契約利用できます。

私の場合はdocomo回線を契約利用しています。プランは、docomo回線30GBで2,100円(税別)のコースです。

FUJI Wi-fiの各キャリアの料金やプランの詳細などについては以下のページをご覧ください。

また、FUJI Wi-fiの契約当初時のdocomoプランの通信速度などについては、以下のページをご覧ください。

FUJI Wi-fiのdocomo回線の利用方法はモバイルWi-Fiルーター

まず、私のFUJI Wi-fi docomo回線の利用状況をお話します。

私のFUJI Wi-fi の利用方法は、Aterm MP02LN CWの中にFUJI Wi-fiのSIMカードを入れて利用しています。

 

メインに利用しているスマホが、シングルSIMのiPhone8Plusであるので、あえてスマホとモバイルWi-Fiルーターの2台持ちになっています。

今回FUJI Wi-fiについての通信速度や使い勝手をお話するにおいて、すべてAterm MP02LN CWからの利用状況になります。

デュアルSIMのスマホで利用した場合と、若干の違いはあるかもしれませんが、その辺りは往々にして同じような結果がでるのではないかと思います。

FUJI Wi-fiの公式ページはこちら⇩

FUJI Wi-fi docomo回線の使い勝手及び通信速度

さて、本題に入ります。

FUJI Wi-fi docomoプランの通信速度

通信速度に関することからお話します。

以前FUJI Wi-fi docomo回線を契約直後の通信速度の測定結果は、最大速度150Mbpsには届かないけれども、それなりに動画等の視聴には全く困らない状況であると、お話しました。

ただ、当時の私のFUJI Wi-fi docomoプランの状態は、発売されてまだ半月が過ぎた時点での報告です。今後FUJI Wi-fi docomoプランの契約者が増えていけば、通信速度が徐々に落ちていく可能性が大きいと考えていました。

そこでこの4か月後のFUJI Wi-fi docomoプランの状態を把握するために、改めて通信速度を測定してみました。
今回は、朝の時間帯として8:00台とお昼の12:00台、そして夕方の18:00台の3時間帯について計測しました。

測定に利用したアプリは、「SPEED CHECK」、「ドコモスピードテスト」、そして「みんなのネット回線速度(みんそく)」の3点です。

朝8:00台の状況

測定結果は以下の数値です。

 

 

 

 

 

 

以外にもダウンロードの速度が出ているのには少し驚きました。

確かにこの時間に動画の再生を行っても「遅い」と感じることはありません。HD画像の動画再生開始もスムーズな動きをしてくれます。

深夜帯の回線が比較的空いている時間と同じような動きです。

お昼12:00台

MVNOにおいて通信接続の速度が最も厳しくなる時間帯です。

今回測定した結果は、思っていたよりは少し通信速度が出ていました。SPEED CHECKの16.8Mbpsは、時間帯においての速度は少し出すぎだろうと考えるのであまり参考にしていません。

この時間帯はMVNOは1Mbps前後になる場合が多く、比較的通信においてもストレスが発生する場合もあります。

「みんなのネット回線速度」の評価で、3.4Mbpsの速度が「かなり遅い」とあります。1日の全体の速度から見ると非常に通信速度は遅く感じます。(MVNOの中には、1日の平均が3.4Mbpsぐらいの速度のものもあります。)
しかし、お昼の12:00の時間帯ということを考えると3.4Mbpsの通信速度は結構速い方ではないでしょうか。

実際に8:00台と同じようにHD画質で動画を再生したところ、同じように動画再生開始時のつまりもなく、途中の動画再生の停止などは全くありませんでした。

この時間帯で、これだけの速度が出るのであればFUJI Wi-fi の利用は正解です。

夕方18:00台

 

 

 

 

 

 

夕方の18:00台も通信速度においては、帰宅ラッシュなどの比較的混雑が激しい時間帯になります。

MVNO全体としてはお昼の時間帯ほどの混雑はありませんが、通信速度には大きな影響を与えます。
実際にはMVNOのプランによれば、18:00台は速度制限が行われる場合もあります。

そのような状況下において「みんなのネット回線速度」が最も低い速度を計測していますが、それでも19.49Mbpsを測定し、Pingも51.0msを計測しています。(Pingにおいてはそれほど良い数値とは言えません。)

19.49Mbpsの速度が出ている場合、特にWi-Fi利用に関する不都合は発生していません。安心して普通に利用できます。

FUJI Wi-fi docomoプランの通信速度について まとめ

私の場合、お話をしてきました通信速度が常時出ていると考えても良いと判断します。
特にFUJI Wi-fiを利用していてそれほど遅いと感じたことはゼロではありません。遅いと感じたことが記憶にあるのはせいぜい1回ほどです。

この1回の時は、お昼の12:00台の時間帯でした。場所は今回測定し場所と同じです。検索などWebの閲覧においてなかなか接続されず、○がくるくると回っている状態が続きました。
ドコモスピードテストで速度を計測すると、やはり1Mbpsより下がっていて0.4Mbpsほどの速度しかありませんでした。

結果、通信速度事態が常に安定したものではないということがわかりました。その時のなんらかの事情で大幅に変わることもあるということです。

利用する場所の状況・条件に大きく左右されるため、場所によっては通信速度が速いところや遅いところの差が生じるのは確かです。
今回私が測定したFUJI Wi-fiの通信速度に関しても、条件がそろった結果がこのような数値が出たのではないかと考えます。

FUJI Wi-fiの詳細は以下⇩のページから

FUJI Wi-fiのサポートについて

FUJI Wi-fiのサポートの対応についてお話します。

実際にFUJI Wi-fiのサポートにお世話になった部分からの見解です。

FUJI Wi-fiのサポートにお世話になった

サポートにお世話になったのは、私のミスでPINロックをかけてしまったことが原因でした。

自動車のドライブレコーダーとFUJI Wi-fiのSIMカードが入ったルーターをWi-Fiを接続しようとしていました。なかなか接続せず色々やっているうちになぜかPINコードの入力を3回間違えていたようです。

結果、ルーターからのWi-Fiが利用できなくなり画面上にはPINロック解除コードを入力してくださいと表示されたままです。

これは、大変ということで早速FUJI Wi-fiのサポートにまずは電話連絡を入れました。(何かお問い合わせ等があれば、サポートに電話連絡を入れてくださいと、記載されていたため)

電話対応は女性の方でした。すぐに状況を理解していただき、折り返し状況確認を行いメールにて連絡するとのことです。

翌日サポートからメールが来ました。内容は以下の通りです。「回線元からPINコードを発行してもらうため時間がかかる」と、言った内容でした。

PINロックが掛かってしまってから約3日後に回線元(GIBLOBE)からPINコードが提供されたという連絡とPINロック解除コードの連絡が来ました。

PINロック解除コードを打ち込んで、PINロックの方は問題解決しました。即、PINロック解除終了のメールを送ったところ、翌日PINロックに関する注意のメールが来ました。

FUJI Wi-fi サポートの対応は如何か

上記のようなPINロック解除に向けた、FUJI Wi-fi サポートとのやり取りでした。

さて、このPINロック解除のサポートとのやり取りに関した感想を少しお話します。

サポートの対応は率直に言って、思っていたよりとても丁寧で、普通のスピード感であったと感じます。

電話を掛けた時のサポート側の対応は、事務的な対応を取られるのだろうと思っていましたが、意外にも丁寧に対応していただき、逆に勝手PINコードを操作した件で電話をしてしまい申し訳なくなってしまいました。
また、電話を別の関係先に掛けるよう、たらい回しに合うかと覚悟していましたがそれもなく、こちらの要件をすぐに理解していただき、「確認が取れ次第メールにて連絡します」と、いう返事でした。

回線の持ち主がFUJI Wi-fiではないため、このようなPINロック解除のような件になると、回線の持ち主に連絡を取らなければならないため時間有するのは仕方がないのはわかっていました。

しかし、その間FUJI Wi-fi の回線は利用できないためPINロックが掛かってしまった約3日間は、自分のミスとわかっていても多少イライラしました。

PINロック解除コード告知のメールに関しては、簡潔ですがPINロック解除の手順と今後の注意事項が記載されていていました。
手順が記載されていたため、何の心配もなくPINロック解除を行うことができました。

振り返ってみると、FUJI Wi-fiのサポートの対応は、それほど悪くはないと感じます。問い合わせに関する初期対応の返事には、それなりに敏速に対応しているようです。それが普通かもしれませんが。

FUJI Wi-fiのお申込みはこちら⇩

4か月間FUJI Wi-fiを利用してみた感想 まとめ

まだまだ回線利用者が少ないのかどうかわかりませんが、通信速度においてはそれなりに速度が出ているようです。

前評判ではFUJI Wi-fiのdocomo回線とau回線は、非常に通信速度が遅いということでした。私も月々の料金とそれに伴うデーター量(ギガ)は非常に魅力的であったため使ってみたいと感じたのですが、通信速度が絡んでくると非常に迷いました。

現在では、思い切って使ってみて良かったと感じています。

但し、利用する地域によっては回線速度が落ちる可能性があります。特にお昼の12時台の速度低下は、MVNOを利用してる限る逃げることのできないことです。このことはFUJI Wi-fiのみならず、MVNO全体に言えることです。

それを覚悟していれば、使いやすいサービスです。

また、サポートの対応においても良い印象があります。たまたま対応してくれた方が良い方だったのかもしれませんが、対応後「ありがとうございました。」と、いう気分にさせてくれる対応でした。

FUJI Wi-fiのdocomo回線の利用を迷っている方がいれば、私は是非お勧めします。